北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

自主防災組織2自治会を認定【新ひだか】

【新ひだか】町は8日、自主防災組織の設立届出があったときわ町第一自治会(橋本文夫会長、118世帯)と神森自治会(水野金一会長、271世帯)に認定証を交付した。

 災害に強い地域づくりを目的に、地域住民が自主的に取り組む町の自主防災組織は平成13年からスタート。今回を含め、これまで44の自治会や地域団体が組織化している。

 役場静内庁舎で行われた認定証交付式には、2自治会長が出席し、本庄康浩副町長らが見守る中、大野克之町長から認定証が手渡された。

 自主防災組織の認定により、町から最大20万円の防災資機材購入助成を受けられ、2自治会ともに避難訓練の実施や防災グッズの購入、食料の備蓄などを今後検討していく。

大野町長は「自治会の皆さんが中心となり地域ぐるみで災害に備えることが重要で、防災の意識づけに取り組んでいただきたい」と期待の言葉を送った。

 2自治会を代表して水野会長が「認定を受け、自分たちの地域は自分たちで守ることの責任の重さを感じている。認定を出発点として、いざという時に機能するよう連携しながら防災のノウハウを積み重ねていきたい」と抱負を話していた。

大野町長(右)から自主防災組織の認定証交付を受けたときわ町第一自治会の橋本会長(中)、神森自治会の水野会長(左)

関連記事

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...

苫小牧民報

鶴の湯温泉、池のハス開花 フォトコンテストも開催-安平

 安平町早来北町の鶴の湯温泉の庭園内に広がる池で、名物のハスの花が次々と開花している。大きく膨らみ、もうすぐ大輪の花を咲かせそうなつぼみも多数あり、9月の上旬ころまでピンクの大輪が訪れる人たちの...

日高報知新聞

札幌の馬主が340万円で落札【新ひだか】

【新ひだか】静内神森の北海道市場で開催したサラブレッド1歳馬競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)に22日、町内にある静内農業高生産・育成の牡馬「桜翔」が上場し、340万円(税込367万2...