北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

歌謡ショーや花火大会など

ヒット曲を熱唱する丘みどり

 浦河町の「第57回浦河港まつり」(実行委主催)が10、11の両日、浦河町築地2の役場裏特設会場で行われた。連日肌寒かったが、町内外から2日間で2万3000人(10日8000人、11日1万5000人=主催者発表)が来場し、夏のイベントを楽しんだ。

 10日は曇天で、最高気温は8月に入ってから初めて20度を割る18・5度。夕方から気温が低くなり、小雨も降った。

 夕方の全道カラオケ決定戦には、地元浦河町や管内勢のほか、遠くは札幌、音更、函館、苫小牧など道内各地からのど自慢が終結した。

 予選を経て6人による決勝では、苫小牧市の中学1年生、生田瑚桃さん(13)が見事な歌声を披露し優勝。トロフィーと優勝賞金10万円を受け取った生田さんは「優勝できてとてもうれしい。父と母に一番に伝えたい」と喜び、会場からは温かい拍手が送られた。

 この日最後のイベントは、浦河商工会議所創立70周年記念のSTVラジオ公開録音。紅白歌合戦2年連続出場の演歌歌手、丘みどりさんと人気沸騰中の竹島宏さん、若手の桜庭和さんの3人の歌謡ショーで、会場は肌寒さも吹き飛び熱気に包まれた。

 2日目11日も曇り空で気温は上がらず、最低気温が16・1度、最高気温は21・1度。それでも浴衣姿の子どもたちやお盆の帰省者らでにぎわい、祭りを楽しんだ。

 港まつりらしく、11日は浦河海上保安署の巡視艇うらづきが3回にわたり体験航海を行い、海上はやや時化気味だったものの、子どもから大人まで計105人が浦河沖から陸を眺めた。また、室蘭海上保安部の巡視船れぶんも停泊し、船内部を一般公開した。

 ステージでは子どもたちの和太鼓演奏や日向ひょっとこ踊り、若さあふれるヒップホップダンス、フラダンスなどが続き、夜の町民盆踊りは浴衣姿のちびっこらが大勢参加。

 バンド演奏に続き、フィナーレを飾る午後8時からの花火大会は、会場から100㍍も離れていない近距離の岸壁から花火が打ち上げられ、顔面に迫る大小の花火に歓声が上がり、天候にはめぐまれなかったが最後まで盛り上がっていた。

夜空を美しく彩った花火

関連記事

根室新聞

歯舞漁協 衛生管理型市場に着工【根室】

 歯舞漁協(小倉啓一組合長)は23日、衛生管理型市場と事務所の建設工事に向けた地鎮祭を執り行い、祝詞の奏上、玉串の奉納など神事を行い、工事の安全を祈願した。  新たな施設は、現事務所から東に10...

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外か...

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが...

苫小牧民報

鶴の湯温泉、池のハス開花 フォトコンテストも開催-安平

 安平町早来北町の鶴の湯温泉の庭園内に広がる池で、名物のハスの花が次々と開花している。大きく膨らみ、もうすぐ大輪の花を咲かせそうなつぼみも多数あり、9月の上旬ころまでピンクの大輪が訪れる人たちの...

日高報知新聞

札幌の馬主が340万円で落札【新ひだか】

【新ひだか】静内神森の北海道市場で開催したサラブレッド1歳馬競り市「サマーセール」(日高軽種馬農協主催)に22日、町内にある静内農業高生産・育成の牡馬「桜翔」が上場し、340万円(税込367万2...