北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、24日に函館公演 二代目高橋竹山さんと共演へ【函館】

1年ぶりの函館公演を控えるギリヤーク尼ケ崎さん(昨年8月)

 函館出身の大道芸人ギリヤーク尼ケ崎さん(88)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が、24日午後1時から函館市松風町のはこだてグリーンプラザで開かれる。1年ぶりの函館公演で、大門では5年ぶり。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと初共演し、生演奏に乗せて「じょんがら一代」などを披露する。

 ギリヤークさんは、昨年8月19日、米寿の誕生日に函館で街頭公演50周年の踊りを披露。俳優、近藤正臣さんとの約束で生まれた新作「果たし合い」を未完のまま初披露するなど、魂を込めた祈りの舞いで観客を引きつけた。

 近年はパーキンソン病や脊柱管狭窄症を患うなど、必ずしも万全ではないが、ギリヤークさんの黒子を務める紀あささんは「昨年よりは安定している。病気は抱えていても本人は頑張ると前向きです」と話す。目の肥えたファンの多い古里での公演に向けて「函館は外せない」と意気込んでいるという。

 ギリヤークさんが1975年ごろから踊り始めた代表作「じょんがら一代」の冒頭の音楽は、津軽三味線の名人と言われた初代高橋竹山(1910~98年)による演奏音源を使用してきた。紀さんによると、5月にあった横浜市内での公演に二代目高橋竹山さんが来場。ギリヤークさんに「もし良かったら私の三味線と唄で踊って下さいませんか」と声を掛けると、ギリヤークさんは「初代とはね…」と思い出を語り出したという。

 青空公演に先立ち、22日午後7時からは、二代目高橋竹山演奏会を函館あうん堂ホール(松風町)で開催。トークゲストとしてギリヤークさんが出演する。ギリヤークさんの半世紀を超える芸歴でも生演奏に合わせた踊りは今回が初めてだといい、89歳になって新たな挑戦を函館で迎える。

 演奏会のチケットは前売り3000円(当日3500円)、高校生以下1500円、全席自由で、電話予約は実行委の藤吉大志さん(090・1389・0118)へ。24日の青空舞踊公演は雨天決行、入場無料、投げ銭歓迎。問い合わせは紀さん(080・3318・5466)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...