北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ギリヤーク尼ケ崎さん、24日に函館公演 二代目高橋竹山さんと共演へ【函館】

1年ぶりの函館公演を控えるギリヤーク尼ケ崎さん(昨年8月)

 函館出身の大道芸人ギリヤーク尼ケ崎さん(88)による青空舞踊公演「祈りの踊り」が、24日午後1時から函館市松風町のはこだてグリーンプラザで開かれる。1年ぶりの函館公演で、大門では5年ぶり。津軽三味線奏者の二代目高橋竹山さんと初共演し、生演奏に乗せて「じょんがら一代」などを披露する。

 ギリヤークさんは、昨年8月19日、米寿の誕生日に函館で街頭公演50周年の踊りを披露。俳優、近藤正臣さんとの約束で生まれた新作「果たし合い」を未完のまま初披露するなど、魂を込めた祈りの舞いで観客を引きつけた。

 近年はパーキンソン病や脊柱管狭窄症を患うなど、必ずしも万全ではないが、ギリヤークさんの黒子を務める紀あささんは「昨年よりは安定している。病気は抱えていても本人は頑張ると前向きです」と話す。目の肥えたファンの多い古里での公演に向けて「函館は外せない」と意気込んでいるという。

 ギリヤークさんが1975年ごろから踊り始めた代表作「じょんがら一代」の冒頭の音楽は、津軽三味線の名人と言われた初代高橋竹山(1910~98年)による演奏音源を使用してきた。紀さんによると、5月にあった横浜市内での公演に二代目高橋竹山さんが来場。ギリヤークさんに「もし良かったら私の三味線と唄で踊って下さいませんか」と声を掛けると、ギリヤークさんは「初代とはね…」と思い出を語り出したという。

 青空公演に先立ち、22日午後7時からは、二代目高橋竹山演奏会を函館あうん堂ホール(松風町)で開催。トークゲストとしてギリヤークさんが出演する。ギリヤークさんの半世紀を超える芸歴でも生演奏に合わせた踊りは今回が初めてだといい、89歳になって新たな挑戦を函館で迎える。

 演奏会のチケットは前売り3000円(当日3500円)、高校生以下1500円、全席自由で、電話予約は実行委の藤吉大志さん(090・1389・0118)へ。24日の青空舞踊公演は雨天決行、入場無料、投げ銭歓迎。問い合わせは紀さん(080・3318・5466)へ。

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...