北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

写友会が写真展 24日まで【根室】

展示会場で、出品した写友会の(前列左から)小林会長、辻ノ内さん、佐藤さん、(後列左から)金子さん、川村さん

 市内の写真サークル「写友会」(小林正輔会長)の写真展が17日、市総合文化会館エントランスホールで始まった。会員5人が各10作品を展示し、野生動物や自然現象を切り取った写真でカメラテクニックを光らせている。24日まで。

 出品しているのは小林会長(84)をはじめ、会員の金子雅光さん(73)、川村秋男さん(64)、佐藤正一郎さん(79)、辻ノ内弘さん(82)の5人。根室を代表するアマチュア写真家の作品が一堂に見られる貴重な機会となっている。

 今回の写真展では、小林さんと川村さんがタンチョウの親子、金子さんが野鳥、佐藤さんがエゾシカをテーマに1人10点をお披露目。野生動物や風景写真で有名な平成27年度市文化賞受賞の辻ノ内さんは、冬のきらめく氷や水面に映し出されるアートを巧みに捉えた作品で意外な一面を見せている。

 中でも川村さんの作品は、タンチョウのヒナが生まれたばかりの1枚から、親がヒナへ3カ月にわたって生きるすべを教える様子に密着。平成30年度市文化賞受賞の小林会長は仲睦まじいタンチョウ親子の姿と春国岱の風景美を組み合わせた力作を発表し、今写真展のポスターにも採用された。

 一方、長年撮影活動を続ける金子さんは、市内を飛び出し全道各地でエゾフクロウのヒナやアカゲラ、時速300キロメートルの速さで捕食するハヤブサなどを捉えた。平成28年度に市文化奨励賞受賞の佐藤さんは、自宅付近とは思えない世界観でエゾシカを作品化し、ほほ笑ましい1枚から勇猛な表情の雄ジカまで多彩に紹介している。

 作品にはそれぞれ解説文が添えられており、小林会長は「それぞれの個性が光る作品ばかり。1枚1枚のストーリーを感じながら見てほしい」と観覧を呼び掛けている。

 展示は会期中の午前9時から午後5時。最終日の24日は午後4時まで。

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...