北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

はこだて国際科学祭が開幕 食テーマに11回目【函館】

食をテーマに講演する(左から)大見理事長、山田さん、美馬代表

 楽しみながら科学と社会の関係を考える「はこだて国際科学祭」(サイエンス・サポート函館主催)が17日、五稜郭タワーアトリウムを主会場に始まった。11回目の今年は「『食』が育む、函館の未来。」をテーマに、講演会やワークショップなど多彩なプログラムを展開する。25日まで。

 〇…サイエンス・サポート函館(美馬のゆり代表)は「北海道の食を豊かに!生産・流通・販売の挑戦」と題した講演会を開催。美馬代表が聞き手となり、コープさっぽろ(札幌)の大見英明理事長と山田農場(七飯町上軍川)の山田あゆみさんが講演した。

 山田さんは夫の圭介さんとともに、ヤギの乳を使ったチーズを製造、販売している。無殺菌、餌は可能な限り地元のものを使う、土地由来の乳酸菌や酵母を利用するなど、チーズ作りのこだわりを伝え「チーズはミルクを殺菌し乳酸菌を添加すれば誰でもできるが、私たちは(土地の力を借りて生きるという)本来の農業を実践している」と話した。

 大見理事長は、スペインのサンセバスチャンにある4年制の料理大学を紹介し「北海道を元気にするためには、食を科学などの視点から総合的に学ぶことができる大学が必要だ」との考えを示した。

 〇…コープさっぽろ函館地区委員会(芹澤幹子委員長)は「食は科学だ!はじめの一歩」と題したワークショップを開き、子どもたちが色の変わるホットケーキ作りに挑戦した。

 ブルーベリーに含まれる色素のアントシアニンが、酸性、中性、アルカリ性によって色が変わる性質を利用した料理実験。ホットケーキの粉にブルーベリージャムを混ぜ、ホットプレートで焼き上げると、粉に含まれた重曹の作用で生地は緑色に変色。さらに、レモン汁をかけるとピンク色になり、子どもたちは驚いた表情を見せていた。

 盛岡市の小学4年生、安部百香さん(9)は「色が変わってびっくりした。料理も楽しかったので家でも作ってみたい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...