北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

厚内⇔帯広 「国鉄仕様」で貸し切り列車【音更】

 私設鉄道博物館「十勝晴(とかちばれ)駅」(音更町柳町南区12)を運営する穂積規さん(59)が同駅の開業5周年を記念し、25日にJR根室線帯広-厚内(浦幌)間で1往復の貸し切り列車「十勝晴号」を運行する。昔ながらの弁当売りを行うほか、厚内駅では旧士幌線の行き先表示板を掲示するなど、鉄道ファンならではの趣向を凝らした企画を用意する。乗車申し込みはすでに締め切ったが、厚内駅での撮影などは可能で、穂積さんは「国鉄時代の古き良き旅を再現したい」と当日を心待ちにしている。

十勝晴駅5周年を記念した列車を25日に運行する穂積さん。乗車券箱やヘッドマークも今回のために作った

 十勝晴駅は2014年8月にグランドオープン。鉄道関係者やコレクターから得た貴重な鉄道部品のほか、鉄道模型のジオラマなどが展示されている。

 貸し切り列車の運行は、穂積さんが十勝晴駅の常連客と共に約1年前から準備を進めてきた。列車は運行計画などを事前にJR帯広駅に申し込む「団体貸し切り列車」扱い。運転士や車掌はJR社員が務め、佐々木大輔帯広駅長も乗車する。

 帯広起点のローカル線を想起させる1両で運行。車両は新得-釧路間の普通列車として使われている「キハ40 777」を使用する。10年ほど前に朱色の国鉄色に塗装され、「777」の数字も相まって人気が高い。

 行きは普通列車で、帯広駅午前9時39分発、同11時42分に厚内駅着。区間内のすべての駅と信号場に停車する。帰りは急行列車で、厚内駅を午後1時発、池田駅を通過して同3時1分に帯広駅に着く。穂積さんは「道内には定期急行がなくなったが、種別幕には『急行』と表示される」と見どころを話す。

 乗車券や入場券、2種類のヘッドマークなどは今回のために作製。行きの池田駅では旧国鉄時代を思わせる弁当売りを復活させ、乗客は窓を開けて弁当を受け取る。厚内駅では行き先表示板を、当日の「帯広-十勝晴」から旧士幌線「帯広-十勝三股」、旧広尾線「帯広-広尾」など懐かしい表示に交換する。

 約60人が乗車予定。乗車受け付けは締め切ったが、厚内駅などの撮影は乗車していなくても可能。厚内駅では乗車しない人にも、穂積さんが入場券を発行する。穂積さんは「いろいろな鉄道の楽しみ方を凝縮した、二度とない企画になる」と話す。

関連記事

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

十勝毎日新聞

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ【音更】

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

室蘭民報

サケの販売やくじ引きも…15日にしらおいチェプ祭開催【白老】

 サケの恵みに感謝する第31回しらおいチェプ祭(同実行委主催)が15日、白老港汐音ひろばで開かれ、サケの販売やサケが当たるくじ引きなどが行われる。  チマチェプ(焼きサケ)、チェプオハウ(サケ...

室蘭民報

「アンサンブルヴェルヴ」、14日演奏会【室蘭】

 関東在住のプロ演奏家4人による「アンサンブルヴェルヴ」(伊勢久視代表)の第8回室蘭公演が14日午後2時から、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。  室蘭民報社など後援。今年のテーマは「音」故知...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...