北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

工事現場に「事務職」 村上土建が新設【音更】

 村上土建開発工業(音更町、村上誠社長)は今年春から、工事現場の事務所で書類作成業務を担う「現場事務職」を新設した。人手不足の中、普通高校からも人材を受け入れやすくなるほか、働く選択肢を増やすことで、女性技術者の定着につなげる狙いがある。

今春入社し、現場事務職の業務に励む菅原さん(右)

 現場事務職は、通常、現場代理人など技術者が処理している書類や資料の作成業務を事務所内で行う。

 現場事務職を設けたのは人手不足が背景。建築や土木を学んだ高校生の間で進学希望者が増える一方、女性技術者も出産後、拘束時間の長い現場の仕事を続けられず退社するケースがあった。

 現場事務を1職種とすることで事務系志望の普通高校の生徒にも入社を促すほか、女性技術者に対しては、育児が一段落して現場復帰するまでの受け皿とする考えだ。書類作成の担当職員を配置することで技術者の負担軽減にもつなげる。

 帯広建設業協会の担当者は「過去には大きな工事現場で、事務作業を専門に担う職員がいた例はある。ただ職種の一つとして現場事務職を設けるのはあまりない」とする。

 同社は今春、管内高校から4人を採用。このうち音更高を卒業した菅原優実さん(18)が唯一の現場事務職として、清水町内の工事現場に従事する。

 事務職を志望していた菅原さんは「土木は分からないことが多いが先輩方が教えてくれる。これからも現場事務の仕事を続けたい」と語る。

 同社は繁忙期になると10カ所程度の工事現場を抱えることから、現場事務職は3人ほどに増やす方針。澤田信幸副社長は「女性が働きやすい環境を整えたい。普通高からも採用し、しっかりと育てていく」と話している。

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...