北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

室工大と共同研究 大樹のIST【札幌】

「ZERO」の模型を手にする関係者(右から4人目がISTの稲川社長、同3人目が室蘭工大の空閑学長、札幌市内)

 大樹町のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は21日午前、札幌市内で記者会見し、室蘭工業大学(空閑良壽=くが・よしかず=学長)と共同研究を開始したと発表した。4月に人工衛星軌道投入ロケット「ZERO」の主要部品の共同開発を開始しており、人材育成や包括的な産学連携も視野に入れる。

 共同研究する部品はエンジンに高圧で推進剤を注入する「ターボポンプ」。ロケットの心臓部で高度な技術が必要とされる。室蘭工大のノウハウを生かし、低価格で高性能な部品の製造を目指す。

 室蘭工大は学部や大学院で航空宇宙系のコースを設置、2005年には航空宇宙機システム研究センターを設立している。超音速ジェット機の開発プロジェクトで培った技術をロケットにも応用する。

 ターボポンプは複数の部品で構成。今年度は部品ごとの設計・製造、実験を行い、来年夏に部品を組み合わせ実験を開始する考え。

 稲川社長は「技術的にハードルが高いターボポンプの研究を一緒に行い、解決策を見つけたい」と強調。空閑学長は「ロケット開発に貢献するとともに、本学を全国にアピールするチャンスにもなる」と述べた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...