北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

唯一の銭湯、58年の歴史に幕・日の出湯、8月末で閉店【名寄】

今月末で58年の歴史に幕を下ろす「日の出湯」

 58年間にわたり地域住民に親しまれてきた市内大通南10の公衆浴場「日の出湯」が、8月31日で閉店する。ボイラーやろ過装置など設備の老朽化や、経営者である室本優さんの健康不安などによるため。銭湯軒数が激減する中で、長年にわたり市内唯一となる銭湯を守り続けてきた室本さんは、「閉店するのは、お客さんに対して本当に申し訳ない思い。私がもう少し若ければ続けたいというのが本当の気持ち。最後の日まで、いつも通りに営業したい」と語る。

 「日の出湯」は1961年(昭和36年)8月創業。創業者の父親が病に倒れたため、室本さんは2代目として72年、23歳のころに札幌からUターンし経営を引き継いだ。

 室本さんによると、昭和30年代後半から40年代にかけて銭湯最盛期。名寄市内で11軒、名寄浴場組合管内(名寄、風連、下川、美深)では16軒の銭湯が営業していたとのこと。

 「日の出湯」は、もっともにぎわっていたころで1日130人ほどの利用があり、79年ごろには道内銭湯2000軒の中で利用者数トップ10入りし、全道から公衆浴場関係者が見学に訪れたほど。

 その後、自宅風呂の普及などにより利用客も減少。昭和30年代の中頃には、道内で約3000軒あった銭湯は、現在では140軒ほどという。道北地域も例外ではなく銭湯は激減。現在は旭川に20数軒、稚内に2軒営業しているとのことだが、その間の道北地域では「日の出湯」ただ1軒の営業となっている。

 閉店に当たり、かつてのお客さんから手紙をもらったとのこと。そこには「幼いころ毎日のように通い、家の一部のような場所でした。この銭湯で近所のおばあちゃん方にたくさん遊んでもらったことは、今でも楽しい大切な思い出です」などと感謝の思いがつづられている。

 室本さんは「お客さんのうれしそうな笑顔を見ながら商売をさせていただいた。閉店することは私自身、本当に寂しくつらい思い」とさまざまな思いを巡らせ目頭を熱くする。

関連記事

根室新聞

火星が夜空に存在感 来月6日「最接近」【根室】

 夜空で赤く見える星「火星」が、10月6日の地球最接近に向けて明るさを増し、見ごろを迎えている。晴れた23日、根室市内でも日没後の東の空から昇る火星がくっきり。花咲港東埠頭では、花咲灯台の上空...

苫小牧民報

樽前山に秋 赤く色づくハナヒリノキ

 苫小牧市と千歳市にまたがる樽前山(1041メートル)に、秋が到来した。市街地よりも一足早く植物の葉が色づき、登山客の目を楽しませている。  7合目ヒュッテから風不死岳や932峰につながる通称...

日高報知新聞

カナダGⅠレース優勝【浦河】

 現地時間20日、カナダのウッドバイン競馬場で行われたGⅠ・サマーステークス(2歳、芝1600㍍)で、グレツキーザグレートに騎乗した浦河町出身の木村和士騎手(21)が人馬ともにGⅠ初勝利を挙げ、11月6日...

日高報知新聞

コロナ禍で自然が人気【えりも】

【えりも】19日から22日までの4連休の襟裳岬は晴天とさわやかな風に恵まれ、連日大勢の観光客が訪れ大海原と岩礁帯の絶景を満喫していた。  とりわけ2日(20日)、3日(21日)目の正午ごろには、札幌・帯...

室蘭民報

入所児童ら、50キロの旅 2泊3日で歩ききる 室蘭言泉学園【室蘭】

 障害のある子どもたちの入所施設、室蘭言泉学園(母恋南町)の恒例行事「50キロメートルあるくかい?」が19日から行われ、30人の入居児童らが登別市富岸町の亀田記念公園-苫小牧市ときわ町のスケート...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス