北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

サンマ初水揚げ 花咲港に中型船帰港【根室】

中型船5隻が待望の初水揚げを行った

 農林水産大臣許可の第2陣として今月15日に出漁した20トン以上100トン未満の中型サンマ棒受け網漁船5隻が22日、花咲港にサンマを初水揚げした。このうち、午前7時から行われたセリでは4隻が発泡スチロールケース入りを合わせて約17トンのサンマを上場し、高値がキロ当たり2430円と前年の約2倍の値を付けた。

 今季の農林水産大臣許可のサンマ棒受け網漁は、10日から10トン以上20トン未満の小型船の操業が解禁され、15日には20トン以上100トン未満の中型船、20日には100トン以上の大型船が出漁。21日まで水揚げがない状況が続いていたが、22日に待望の初水揚げが行われた。

 午前7時から花咲市場で行われたセリには14.4トンが上場。キロ当たりの高値は、前年の小型船の初セリ価格1026円より倍以上の2430円の値を付けた。このほか、発泡スチロールで375ケースも上場された。

さっそく鮮魚店の店頭に並んだ

 また、午前9時にも1隻が発泡スチロールケース152ケースを上場し、全体で140グラム~90グラムサイズの発泡スチロールケース527ケースが水揚げされ、130グラムサイズの高値がキロ当たり4428円の最高値を付けた。花咲市場によると、水揚げされたサンマは120グラムから130グラムが中心だという。歯舞漁協所属の第88吉丸の甲板員大橋純也さん(28)は「漁はあまりよくなく、例年この時期にとれるサンマと比べて、型もあまりよくない。公海で操業した」と話した。別の漁業者も「魚もいないし、型もあまりよくない」と厳しい表情だった。

 サンマをセリ落とした買受人からは「サンマの型はこまい印象。値段は想定より高く、加工するような価格ではないので生で出荷する」と話していた。

 水揚げされたサンマはさっそく市内の鮮魚店の店頭に並んだ。緑町の鮮魚販売店「魚信」では、1尾税込み350円で販売された。浅野昌英社長は「原価での販売で、鮮度はそんなに悪くない。サンマを待っている人もいるので食べてほしい。これから脂も乗ってくると思うので、豊漁に期待している」と話していた。

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...