北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

大阪と三重の有名麺出店・31日、9月1日「うどん祭り」【下川】

第16回しもかわうどん祭りのポスター

 第16回しもかわうどん祭りは、同実行委員会(実行委員長・石谷英人しもかわ観光協会長)主催、31日(正午から午後8時半)、9月1日(午前9時~午後2時半)の2日間、にぎわいの広場(町内共栄町)で開催される。今年は大阪、三重の全国区有名うどんが出店し、下川特産手延べ麺と共に、うどんの魅力を発信する。

 うどん祭りでは毎年、全国トップ級うどんをゲストに迎えており、今年は松浦武四郎生誕の地・三重県松阪市の「伊勢うどん」と、肉の旨味が詰まった大阪名物「かすうどん」が初出店。全国グランプリで優勝実績のある「北海道純雪うどん」も再び出店する。地元うどん、うどん以外のメニューも含めると多彩な30店以上が並ぶ。

 今回はうどんの食べ比べを楽しんでもらうために「ハーフうどんチケット」(400枚予定)を用意。一枚にハーフサイズのうどんチケット2枚と、つかみ取り参加券(100円券としても利用可)1枚が付いて900円で販売する。うどんつかみ取りは、恒例の人気企画だが、この参加券で楽しめる仕組みに変更。31日の午後1時半開始、午後4時20分開始、9月1日午後0時半開始の3回行われる。

 恒例の「うどん早食い競争」は、9月1日午後1時20分にイベントの締めくくりとして実施。優勝賞品「下川手延べうどん1年分」をかけて競う。

 他にも31日には、赤ふんみこし・子どもみこし、ステージ発表(渓流太鼓、下川商業高よさこい、フラダンス、ヒップホップダンス)、エクストリーム芹川&パフォーマ―RUIのジャグリングショー、吉本興業「つちふまズ」のお笑いライブ、餅まき。9月1日には、音楽演奏や木工教室、新潟市小町発のアイドルユニット「RYUTist」ライブなど、多彩な内容で盛り上げる。

 今年も下川を皮切りにスタートする道内七大麺まつり(下川町、幌加内町、深川市、音更町、新得町、岩見沢市、浦臼町)と連動した「ロードラリー」が行われる。スタンプの数に応じた特産品が抽選で当たる企画で、イベントの知名度アップを狙う。下川のうどん祭りと幌加内の新そば祭りは同日開催で、2カ所のスタンプを集めると、別枠で手拭いが贈られる。

関連記事

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

十勝毎日新聞

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ【音更】

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

室蘭民報

サケの販売やくじ引きも…15日にしらおいチェプ祭開催【白老】

 サケの恵みに感謝する第31回しらおいチェプ祭(同実行委主催)が15日、白老港汐音ひろばで開かれ、サケの販売やサケが当たるくじ引きなどが行われる。  チマチェプ(焼きサケ)、チェプオハウ(サケ...

室蘭民報

「アンサンブルヴェルヴ」、14日演奏会【室蘭】

 関東在住のプロ演奏家4人による「アンサンブルヴェルヴ」(伊勢久視代表)の第8回室蘭公演が14日午後2時から、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。  室蘭民報社など後援。今年のテーマは「音」故知...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...