北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

鵡川高校野球部の練習でノックする佐藤元監督(2004年2月)

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが、お別れの会が11月2日、札幌市内のベルコ大谷地シティホールで予定されている。

 三笠市出身。道学芸大札幌分校(現道教育大札幌校)卒業後、栗山高で教員生活をスタート。砂川北、鵡川で野球部監督を歴任した。砂川北を春1度、夏2度の甲子園に導いた。1997年に赴任した鵡川高ではわずか5年で21世紀枠で初の選抜大会出場を実現するなど計3度のセンバツ出場を果たした。「元気・本気・一気」の三気野球を掲げ、むかわを全国区へと押し上げた。

 名将の訃報に町内の人たちも悲しんだ。鵡川高がセンバツに初出場した2002年のエースで現在、母校野球部の監督を務める鬼海将一さん(35)は「信じられない気持ち。7月にお会いした時には元気だったので」と驚きを隠さない。野球の技術以上に人としての生き方を学び、「わが子のように接してくれた。僕にとって父親を亡くしたような感じ。3年間、見ない日はなかったし、あの3年間が僕の全て」と語った。

 町教育委員会の長谷川孝雄教育長は「おおらかで人を拒まず楽しくいろんな話をした。今はあまりそういう人はいない」と懐かしみ「甲子園に連れていってもらって感謝してもしきれない」と話した。

 竹中喜之町長は、野球部の激励会の際に「出身校は別にして『ここにいる子は、みんなむかわの子』という言葉が印象に残っている。昭和の侍のような人だった」と振り返りながら「三気野球の精神は今も受け継がれ、町の元気の源になっている。心からお悔やみ申し上げ、天国からむかわの復旧復興を見守ってほしい」としのんだ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...