北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

鵡川高野球部元監督・佐藤茂富さん死去 「元気・本気・一気」でセンバツ出場

鵡川高校野球部の練習でノックする佐藤元監督(2004年2月)

 鵡川高校野球部の元監督で、砂川北高と合わせて春夏6度の甲子園出場に導いた佐藤茂富さんが19日、腸管感染症のため札幌市内の病院で死去したことが23日、分かった。79歳。葬儀は近親者のみで行ったが、お別れの会が11月2日、札幌市内のベルコ大谷地シティホールで予定されている。

 三笠市出身。道学芸大札幌分校(現道教育大札幌校)卒業後、栗山高で教員生活をスタート。砂川北、鵡川で野球部監督を歴任した。砂川北を春1度、夏2度の甲子園に導いた。1997年に赴任した鵡川高ではわずか5年で21世紀枠で初の選抜大会出場を実現するなど計3度のセンバツ出場を果たした。「元気・本気・一気」の三気野球を掲げ、むかわを全国区へと押し上げた。

 名将の訃報に町内の人たちも悲しんだ。鵡川高がセンバツに初出場した2002年のエースで現在、母校野球部の監督を務める鬼海将一さん(35)は「信じられない気持ち。7月にお会いした時には元気だったので」と驚きを隠さない。野球の技術以上に人としての生き方を学び、「わが子のように接してくれた。僕にとって父親を亡くしたような感じ。3年間、見ない日はなかったし、あの3年間が僕の全て」と語った。

 町教育委員会の長谷川孝雄教育長は「おおらかで人を拒まず楽しくいろんな話をした。今はあまりそういう人はいない」と懐かしみ「甲子園に連れていってもらって感謝してもしきれない」と話した。

 竹中喜之町長は、野球部の激励会の際に「出身校は別にして『ここにいる子は、みんなむかわの子』という言葉が印象に残っている。昭和の侍のような人だった」と振り返りながら「三気野球の精神は今も受け継がれ、町の元気の源になっている。心からお悔やみ申し上げ、天国からむかわの復旧復興を見守ってほしい」としのんだ。

関連記事

根室新聞

86歳ご長寿ボウラー森崎さん セミパーフェクト達成【根室】

 70歳からボウリングを始めた市内のご長寿ボウラー・森崎節子さん(86)が、11月末にボウリングでスコア299点のセミパーフェクトを達成した。市内では今年、男性7人がパーフェクト(300点)を達...

日高報知新聞

インド人の日本語力向上【新冠】

【新冠】町内の共栄にある軽種馬育成牧場のキタジョファーム(北所直人社長)は11月28日、近くにある共栄生活館で新ひだか町三石から日高町富川で就労するインド人を対象とした日本語の勉強会を開催した。9...

日高報知新聞

にいかっぷピーマン 2年連続で8億円を突破【新冠】

【新冠】全道一の生産を誇る町特産の「にいかっぷピーマン」の今年の販売金額が8億4093万円(販売量1986㌧)となり、過去最高だった昨年に続き2年連続で8億円台に乗せた。今年の生産量は昨年比で...

苫小牧民報

日ハム選手ら、被災地で野球教室 憧れの選手が指導-厚真

 プロ野球北海道日本ハムファイターズの杉浦稔大投手と玉井大翔投手、チームにゆかりのある選手、コーチらが3日、胆振東部地震で被災した子どもたちを元気付けようと、厚真町のあつまスタードームで小学生向...

苫小牧民報

ラーメン「さくら屋」人気に 空き店舗活用事業で開業-白老

 白老町の「空き店舗等活用・創業支援事業」を活用し、同町竹浦にオープンしたラーメン店「さくら屋」が評判を呼んでいる。桧山管内江差町で営んでいた店を閉じ、白老の魅力に引かれて移住した髙橋健児さん(...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス