北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

過去最多101組が迫力の演奏 活性の火が開幕

初日から多くの音楽ファンでにぎわう「活性の火」のメインステージ=24日午前10時15分ごろ、苫小牧市若草町の中央公園

 苫小牧市中心部の活性化を目指して企画された無料音楽フェス「活性の火’19」(実行委員会主催)が24日開幕した。6回目となる今年は市内若草町の中央公園を初のメイン会場に、全2エリアで展開。道内外から過去最多の101組のアーティストらが出演し、来場者3万人到達を目指す。初日から多くの音楽ファンが集結し、各会場とも熱気に包まれている。25日まで。

 「活性の火」は、駅前商店街のにぎわい創出や中心市街地への愛着醸成などを目的に、2014年から毎年開催。昨年は2日間で2万5000人が来場した。今年はメイン会場を従来の「王子娯楽場パーク」から中央公園に移して規模を拡大。王子町のアカシア公園やライブハウス「ELLCUBE」などの駅前通り会場と合わせて2エリア、計6ステージで展開される。

 24日の市内は午後1時現在で最高気温が24・5度に上昇。中央公園では午前9時半の開場から音楽ファンらが続々と来場。オープニングあいさつで岩倉博文市長は「若い世代の思いが詰まったイベント。大いに盛り上がってほしい」と呼び掛けた後、埼玉県出身の5人組バンド「Azami」がメインステージのトップを飾り、力強い演奏で会場を盛り上げた。

 同時開催の地元グルメイベント「活性の胃」では、同公園内に開設した18店舗がホッキカレーやタピオカドリンクなどを販売し、来場者から人気を集めている。実行委員長の杉村原生さん(41)は「イベントを通じて中心部をけん引するにぎわいを作りたい」と話した。

 「活性の火」は25日も午前10時から午後6時まで開催。期間中は両エリア間を結ぶ無料シャトルバスも30分間隔で運行している。

関連記事

函館新聞

過去最低74トン 単価は最高828円 7月のスルメイカ【函館】

 函館市農林水産部がまとめた市水産物地方卸売市場での7月の生鮮スルメイカ取扱量は、前年を17トン下回る74トンだった。統計の残る2005年以降では、19年の91トンを下回り過去最低。主漁場は前浜...

函館新聞

市民会館の舞台裏 小学生らが見学 マジックショーも【函館】

 函館市民会館は4日、今春リニューアルオープンした同館の設備を見学する「バックステージツアー&マジックショー」を開いた。小学生と保護者約80人が参加。大ホールのさまざまなステージ機構などを学んだ...

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

   釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するとい...

根室新聞

コロナ感染防止実践店にステッカー【根室】

 根室市は「新しい生活様式」に基づく取り組みの一助として「飲食店新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」を作成した。マニュアルに沿った感染対策を実践する飲食店には「あんぜんあんしん宣言の店」...

根室新聞

ホッキ手掘り 秋漁始まる【根室】

 根室湾中部漁協(髙橋敏二組合長)の秋季手掘りホッキ漁が2日から始まり、朝から漁業者らが、温根沼前浜などで操業を行った。3日に根室市場で行われたセリでは大サイズ、中サイズともに高値は前年を上回るス...