北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

ハンドボール欧州遠征へ 巴中加賀谷【函館】

「海外の相手に自分のプレーがどこまで通用するか試したい」と意気込む加賀谷

 巴中3年の加賀谷柊斗が、日本ハンドボール協会が将来の日本代表候補を育てる「ナショナルトレーニングアカデミー(NTA)」の欧州遠征(25日~9月2日、ハンガリー)に参加する。中高生を対象にした男子の遠征メンバー16人を決める合宿で選出され、中学生は全国で唯一。加賀谷は「選ばれたのは誇り。持ち味のロングシュートがどこまで通用するか楽しみ」と胸を弾ませている。

 加賀谷は小学3年生で競技を始め、函館高盛ハンドボールスクールを卒業し、光成中(現巴中)に進学。左利きで力強いシュートを持ち、ハンドボール部主将としてチームを率いた。

 NTAは、将来日の丸を背負う素質や資質を持った選手を招集し、技術を磨く日本代表選手への登竜門。加賀谷は昨年12月のJOC(ジュニアオリンピックカップ)で道選抜の一員として戦った際、同協会から左利きや長身、ゴールキーパーの選手を集めた合宿「特化プログラム」を勧められ、2月に参加した。そこで攻撃力を評価され、遠征メンバーを選ぶ育成合宿への推薦が決まった。

 育成合宿は5月と6月の2回、東京で行われた。中高生26人が参加し、中学生は加賀谷と岩手県の選手の2人。「選ばれるかは分からないが、できることをやろう」とトレーニングに臨んだ。6月30日の合宿最終日にメンバーが発表され、市中体連を控えて一足先に函館に戻っていた加賀谷にも吉報が届き「家族で大喜びした」という。

 加賀谷の武器はシュート力だ。入部以来、肘に負担のかかるフォームで打ち続けた結果、野球肘になってしまい、2年生の夏に手術を余儀なくされた。これを機に「肘だけでなく、肩も使ってシュートを打つように意識した」と改善。よりボールに力が伝わるようになった。また、練習の合間に両足ジャンプを繰り返し、175センチの身長を補うジャンプ力も鍛えた。貴重な舞台を前に「日本の代表選手として恥じない生活態度やプレーをしたい」と意気込む。

 巴中の三浦力監督は「欧州はフィジカルや環境などさまざまな要素が日本とは違う。現地で学んだことを、9月のJOC北海道選抜チーム選考会で生かしてほしい」と成長に期待を寄せる。

 遠征では、ハンガリーのU-16の選手と強化練習を共にする。函館からは函大有斗高の2人も名を連ねた。

関連記事

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

   釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するとい...

根室新聞

コロナ感染防止実践店にステッカー【根室】

 根室市は「新しい生活様式」に基づく取り組みの一助として「飲食店新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」を作成した。マニュアルに沿った感染対策を実践する飲食店には「あんぜんあんしん宣言の店」...

根室新聞

ホッキ手掘り 秋漁始まる【根室】

 根室湾中部漁協(髙橋敏二組合長)の秋季手掘りホッキ漁が2日から始まり、朝から漁業者らが、温根沼前浜などで操業を行った。3日に根室市場で行われたセリでは大サイズ、中サイズともに高値は前年を上回るス...

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...