北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

帯広北高演劇部 国立劇場で堂々 特別公演「やりきった」【東京】

国立劇場での優秀校特別公演で「放課後談話」を好演する(左から)松下部長と賀来さん

 帯広北高校演劇部(松下結翔部長、部員4人)は24日午後、7月の全国高校総合文化祭(総文祭、佐賀市)で優秀賞に輝いた作品「放課後談話」を都内の国立劇場の大劇場で上演した。多くの演劇ファンや同校演劇部OBらが詰め掛け、4人と顧問が力を合わせた舞台に大きな拍手を送った。

 総文祭の上位4校のみが参加できる「優秀校特別公演」で上演した。同部は昨年度の地区大会、全道大会で、今年3月に卒業した3年生が「放課後談話」を演じて最優秀賞を獲得。部員ゼロの危機を乗り越えて4月に1・2年生4人で再スタートし、7月の総文祭での受賞を経て、この日の特別公演出演となった。

 「放課後談話」は、高校生2人の何気ない掛け合いで進む作品。演劇部の男子が弓道部を引退した男子を誘うなど、昨年、当時部員が1人しかいなかった同部の状況を交え、顧問の加藤真紀子教諭がオリジナル脚本を書いた。

 この日の本番では松下部長(2年)が演じる弓道部の「松下」と賀来海穏(しおん)さん(1年)が演じる演劇部の「賀来」のやりとりに、観客から笑いがあふれた。

 伝統ある国立劇場での上演を終え、松下部長は「やりきった。先輩方が全国まで連れてってくれて、本当に感謝の思いでいっぱい」と話し、部員で裏方を務めた陶利哉さん、林知奈さん(ともに1年)らと喜びを分かち合った。

 埼玉県から訪れた女性は「高校生のリアルな姿が面白く、笑いながら見られた」と話した。

本番を終え、楽屋でリラックスした表情を見せる部員ら。(左から)林さん、吉川絵莉子副顧問、松下部長、陶さん、賀来さん、加藤顧問

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...