北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

釧路新聞

阿寒湖マリモ22年ぶり個体数調査【釧路】

大型マリモを重量計に乗せる調査員

 国の特別天然記念物マリモの大規模個体数調査が25日、釧路市の阿寒湖で始まった。22年ぶりに行われる今回の調査は、群生地として知られる同湖のチュウルイ湾に生息するマリモが対象。31日までの7日間、ボランティアの協力を得て行われ、集計したデータは将来にわたるマリモの保護・管理の基礎資料として役立てられる。

 文化庁と環境省の特別な許可を得て行われる今回の調査は、マリモの個体数やサイズ、分布域把握などを主な目的としている。さらに、近年の台風によって大型マリモが湖岸に打ち上げられた影響や22年前の調査時にはなかった水草が成長にどう作用したかなどのデータも採取する。前回調査時のマリモの個体数はチュウルイ湾では糸状も含め約4億2700万個だった。

 調査方法は、チュウルイ湾を20㍍四方、約200区画に仕切り、区画内から一定量を取り出して全体を推し量る抽出法を採用。調査を迅速に行うために7月下旬からマリモを抽出し、調査員が計測作業などを行う同湖イベシベツ川養魚場に保管していた。

 この日は、ボランティア調査員21人が参加。午前9時15分ごろに阿寒湖畔エコミュージアムセンターを出発し、約40分かけて同養魚場へ。現地では22年前の調査で隊長として指揮を執った、釧路国際ウェットランドセンター阿寒湖沼群・マリモ研究室長の若菜勇さん(62)が、マリモの分類法などをレクチャーした。

 その後、参加者は4班に分かれ、さまざまな機器を使いながら大きさや重量を計測し、記録シートに書き込んでいった。この日の最大サイズは長径243㍉、短径220㍉、高さ243㍉とほぼ球状の大型マリモで、水分を除いた重量は714・5㌘。参加者は、大型マリモの表面を触りその感触を確かめるなど、調査員ならではの楽しみも味わった。

関連記事

根室新聞

「北構保男博士の研究」特別展示始まる 13日まで【根室】

 6月5日に101歳で亡くなった考古学者でオホーツク文化研究の第一人者、北構保男氏を追悼し、研究業績を紹介する特別展示「郷土の考古学者北構保男博士の研究」が8日、市総合文化会館多目的ホールで始...

苫小牧民報

「(道内5紙)コロナ時代の道しるべ」特別な夏 全力で かわいそうと思われ..

駒大苫小牧高校野球部監督 佐々木ささき 孝介こうすけさん(33)  札幌円山球場で開催中の夏季北海道高校野球大会南北海道大会で、夏の甲子園連覇の実績を誇る駒大苫小牧は8日、準決勝で涙をのんだ...

苫小牧民報

ポーランド国立バレエ団で1年目から活躍 苫小牧出身の丁子さん

 苫小牧市出身の丁子蒼(ちょうじ・あおい)さん(20)が昨年8月から、ポーランド国立バレエ団の団員として活躍している。入団1年目ながら、舞台上でソロの踊りを披露するソリストを複数の公演で任される...

十勝毎日新聞

湊谷鈴さん絵本全国発売 帯広在住イラストレーター【帯広】

 帯広在住のイラストレーター湊谷鈴さん(23)=ペンネーム=が手掛けた絵本「むりつむり」が31日、三恵社(愛知)から全国発売される予定で、10日からインターネットのアマゾン予約が始まる。大人向けに...

十勝毎日新聞

帰省 悩んだ末に【十勝】

 お盆の帰省シーズンが始まった8日、空港や駅にはスーツケースを手にした帰省客らが降り立った。全国的に新型コロナウイルスの感染者が増加している中、やむなく帰省を自粛した人、悩みながらも帰省した人など...