北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

新鮮な農畜産物販売など盛況・なよろ産業まつり【名寄】

多くの来場者が集まった餅まき

 「第41回なよろ産業まつり~もち米日本一フェスタ~」が25日、なよろ健康の森で開かれた。新鮮な名寄産農畜産物をはじめ、三重県伊勢市の名物「赤福」や岡山県岡山市の「きびだんご」などを販売し、人気を集めるとともに、餅まきや「なよろもちつきチャンピオン決定戦」など、多彩なアトラクションで盛り上がった。

 名寄市、道北なよろ農協、上川農業改良普及センター名寄支所、名寄商工会議所、風連商工会などで構成する同実行委員会(委員長・加藤剛士市長)が主催。

 名寄太鼓保存会「源響」の演奏で幕開けし、橋本正道副市長、中野秀敏道議会議員が挨拶。名寄市と友好都市提携を結ぶロシア・サハリン州ドーリンスク市の訪問団メンバー、ミス北海道米の佐藤香南さんと折目帆香さんが顔を見せた。その後の餅まきには、多くの来場者がステージ前に集合。餅まきは午前と午後の2回行われ、合わせて300キロの餅を用意。当たりくじの入った餅もあり、飛び交う餅をつかみ取った。

 「なよろもちつきチャンピオン決定戦」は、第9代から第12代まで4年連続チャンピオンに輝いた今田正志さんと大出崇博さんに「なよろ名誉もち大使」の称号を授与。今田さんと大出さんは殿堂入りしたため、今年は第13代となる新「なよろもち大使」を選考。4組がエントリー。餅のおいしさで滑らかさやコシ、餅のつきっぷりでリズム感、スタイル、パワフルさが審査され、出場者たちは臼ときねを使い、互いに息を合わせながら力強く餅をついた。結果、第13代大使には「ともかな」チームの山家智彦さんと谷田華菜さんに輝いた。

 販売関係では、名寄産の新鮮農畜産物や加工品、牛の丸焼きをはじめ、名寄市と姉妹都市提携を結ぶ山形県鶴岡市の特産品を販売。毎年、大いに好評を得ている伊勢名物の「赤福」と廣栄堂(岡山市)の「きびだんご」を取りそろえ、大勢の人たちが買い求めようと長い列ができた。

関連記事

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

   釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するとい...

根室新聞

コロナ感染防止実践店にステッカー【根室】

 根室市は「新しい生活様式」に基づく取り組みの一助として「飲食店新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」を作成した。マニュアルに沿った感染対策を実践する飲食店には「あんぜんあんしん宣言の店」...

根室新聞

ホッキ手掘り 秋漁始まる【根室】

 根室湾中部漁協(髙橋敏二組合長)の秋季手掘りホッキ漁が2日から始まり、朝から漁業者らが、温根沼前浜などで操業を行った。3日に根室市場で行われたセリでは大サイズ、中サイズともに高値は前年を上回るス...

苫小牧民報

Seasons with グランマ 白老の食文化、若い世代に継承

 白老町の地域おこし協力隊員の林啓介さん(38)が大町商店街の食堂「グランマ」の経営を引き継ぎ、「Seasons with(シーズンズ ウイズ) グランマ」の店名でリニューアルオープンさせた。従...

苫小牧民報

「海に浮いているよう」 上厚真小児童がサーフィン体験

 厚真町の上厚真小学校(井内宏磨校長)は3日、浜厚真海浜公園の海岸でサーフィン体験を行った。町内と苫小牧市のサーフィン愛好家7人が講師となり、4年生21人が地元の海でウオータースポーツの独特の魅...