北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

完全ベジタブル定食 十勝産ビーガン市役所食堂で【帯広】

 帯広市役所庁舎11階の食堂「スカイレストラン」は9月2日から、調味料を含め動物性食材を一切使わない完全ベジタブルのワンプレート定食「十勝ビーガンベジランチ」の限定提供を始める。管内の飲食店で「ビーガン」を定番メニューに掲げるのは珍しいという。運営するニューセレクショングループ(帯広)は「味にもこだわった。十勝の野菜のおいしさをじかに感じて」としている。

「野菜をおいしく食べられる自信作」と話す(左から)大林恵司スカイレストラン料理長、佐藤店長、石王代表

 ビーガンとは、卵や乳製品も含めて取らない純粋菜食主義者を指す。同ランチはメインの品に大豆ミートなどを活用、ゴボウなどで取っただしを使い、ドレッシングもすったタマネギがベースの手作り品。メニューは一定期間ごとにメニューを変えるが、大豆ミート甘辛煮とニンジンのナムル、ナガイモとオクラの梅酢がけなど。ワンプレートでそば付き1食600円で提供する。

 ベジタリアン向けの商品開発などを行う「Tokachi・Diversity・Project(とかちダイバーシティープロジェクト)」(帯広、石王洋美代表)が企画支援。石王代表は「ベジタリアンは外食時、サラダなどを単品で頼むなど苦労も多い。最近は事前相談で個別対応してくれる店もあるが、メニュー化自体は聞いたことがない」と話す。

 石王代表らが今春、米沢則寿市長と面会する機会があり、ベジタリアン向け料理の普及推進を要望。同食堂を運営するニューセレクショングループが主旨に賛同し、佐藤亮店長らが7月からメニュー開発を進めてきた。佐藤店長は「単にヘルシーなだけでなく、おいしく野菜を食べてほしいと味にこだわった。使用できる調味料も限られ、味付けに苦心した」という。

 同プロジェクトは近く十勝のベジタリアンメニュー提供マップも制作する考えで、石王代表は「内閣府や東京都庁、旭川空港の食堂などではすでに専用メニューがある。十勝の飲食店にも1品でも作ってもらえるよう呼び掛けたい」としている。

関連記事

十勝毎日新聞

「ハピまん」10万個突破 大ヒット JA木野【音更】

 JA木野(清都善章組合長)の子会社が運営するハピオ(音更町木野大通西7、石田晴久店長)の看板商品「ハピまん(チーズ)」の売り上げが、昨年4月4日の販売から累計で10万個を突破した。ほんのり甘い皮...

十勝毎日新聞

寒さに耐えてそばおいしく 新得物産「寒晒し」【新得】

 新得物産(合田一昭社長)で「寒晒(かんざら)しそば」の仕込み作業がピークを迎えて入る。25日から直営店「新得そばの館」の限定メニューとして登場する。  寒晒しは、江戸時代に将軍家に献上するた...

十勝毎日新聞

移住の2人パン店挑戦 4月1日開店へCF【大樹】

 昨年秋に東京から大樹町内へ移住してきた2人がパン店「小麦の奴隷」の4月1日開店に向け、準備を進めている。インターネットで出資を募る、クラウドファンディング(CF)で資金調達を進め、22日現在で約...

室蘭民報

スパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まる【壮瞥】

すっきりした味わいに  壮瞥町のそうべつシードル造り実行委員会(川南和彦委員長)のスパークリングアップルジュースの搾汁作業が始まり、23日まで町内滝之町のそうべつ農産加工センターで実施されている...

十勝毎日新聞

十勝落花生 広がる販路 ダイイチや満寿屋にも【十勝】

 芽室を中心に産地化の取り組みが進む十勝産落花生の販路が、広がっている。産学官金連携の「十勝グランナッツプロジェクト」に参加する生産者が独自に販路を開拓、ダイイチ(帯広市)が落花生の取扱店舗を...