北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

東町の高橋さんが丹精込め幻の天山ブドウ育てる【室蘭】

天山ブドウに愛情を注ぐ高橋さん

 室蘭市東町の高橋峯明さん(73)が丹精込めて育てている天山ブドウがすくすく成長している。温室内には高橋さんの顔よりも大きなブドウの房がぶら下がり、収穫の時を待っている。

 天山ブドウは2008年(平成20年)に山梨県で誕生した新品種で市場にはほとんど出回らない幻のブドウ。1粒の重さが30~40グラムと大粒なのが特長で、皮ごと食べられるほか、糖度も17度以上。高橋さんは7年前から栽培を開始。昨年からようやく実を付けるようになった。「房の重さでブドウ棚がゆがんでしまい、慌てて突っ張り棒をかませました」と笑う。

 「ブドウ農家が多い壮瞥町の農協に話を聞いてみたのですが、壮瞥町でも天山を育てている人がいないようで、試行錯誤の連続です」と高橋さん。「1房に100粒以上付いていますが、プロの農家さんではこれを30粒くらいに摘果して粒を大きくするそうです。来年試してみます」と早くも来年への意欲も語る。

 仕事の前と後に必ず温室に寄り、天山ブドウの様子を見るのが高橋さんの日課になっている。「来月には収穫できると思います」と笑顔を浮かべた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...

室蘭民報

種類豊富な豆とパスタ…自家焙煎珈琲家・胡亜羅【室蘭】

 自家焙煎の珈琲専門店。お薦めは店主・熊谷勉さん(66)の好みに合わせたコクのある「オリジナルブレンド珈琲(税込み500円)」。ブラジルサントスやグアテマラ、ペルーと十数種類の豆を取りそろえる...

室蘭民報

関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売【伊達】

 伊達市関内小学校(森晶子校長、33人)の3~6年生27人は9日、伊達市末永町のくみあいマーケット本店で、学校で育てたトウモロコシを販売し、地域住民や保護者らに好評を得ていた。  総合学習の一...

室蘭民報

食のアドバイザー佐々木さんが地元食材使い料理教室【伊達】

 伊達150年記念事業で、オホーツク管内置戸町で食のアドバイザーとして活躍する佐々木十美さん(68)=同町在住=を招いた料理教室が8日、だて歴史の杜食育センター(梅本町)であった。参加者は伊達産...