北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

福島の「青の洞窟サイダー」売り切れ続出 半年で1万3000本出荷【福島】

好評の「青の洞窟サイダー」(コープさっぽろしりうち店で)

 【福島】町まちづくり工房と清涼飲料水製造販売会社の小原(七飯町)のコラボレーション商品「青の洞窟サイダー」(330ミリリットル入り、200円)が好評だ。発売から6カ月で1万3000本を出荷し、企画した同工房の平野松寿理事は「増産に次ぐ増産。品切れも相次ぎ、予想をはるかに上回る好評です」とうれしい悲鳴を上げている。

 同商品は2月14日に町内限定で発売。順次町外に出荷先を拡大し、現在は木古内町の道の駅「みそぎの郷きこない」や知内町の道の駅「しりうち」のほか、道南のコープさっぽろやハセガワストアなどで販売。福島町のふるさと納税でも取り扱っている。

 同工房が6月から運航する「岩部クルーズ」で訪れる“青の洞窟”をイメージした深い青が特徴。ラベルは青の洞窟の写真を半透明にし、海の透明感の演出にこだわった。知内町のコープさっぽろしりうち店では7月12日の開店当初から特設コーナーで取り扱い、同店では「親戚や友人に送る地元町民も多い。お盆には帰省者らしい方が買い求める姿も目立った」という。

 平野理事は「鮮やかな青で、インスタ映えするのがヒットの要因では」と分析。今秋からは道南各所の土産物店にも並ぶ見込みで、近く大手コンビニエンスストアへの出荷も始まる見通し。同法人では「福島町、道南の定番土産として定着すれば」と期待している。

関連記事

函館新聞

過去最低74トン 単価は最高828円 7月のスルメイカ【函館】

 函館市農林水産部がまとめた市水産物地方卸売市場での7月の生鮮スルメイカ取扱量は、前年を17トン下回る74トンだった。統計の残る2005年以降では、19年の91トンを下回り過去最低。主漁場は前浜...

函館新聞

市民会館の舞台裏 小学生らが見学 マジックショーも【函館】

 函館市民会館は4日、今春リニューアルオープンした同館の設備を見学する「バックステージツアー&マジックショー」を開いた。小学生と保護者約80人が参加。大ホールのさまざまなステージ機構などを学んだ...

釧路新聞

東部ダイハツ、西脇選手支援【釧路】

   釧路や標茶町などで主に軽自動車販売を手掛けている東部ダイハツ(筧陽介社長)が、アイスホッケーのひがし北海道クレインズ(田中茂樹代表)のチーム全体とFWの西脇雅仁選手(37)個人も支援するとい...

根室新聞

コロナ感染防止実践店にステッカー【根室】

 根室市は「新しい生活様式」に基づく取り組みの一助として「飲食店新型コロナウイルス感染防止対策マニュアル」を作成した。マニュアルに沿った感染対策を実践する飲食店には「あんぜんあんしん宣言の店」...

根室新聞

ホッキ手掘り 秋漁始まる【根室】

 根室湾中部漁協(髙橋敏二組合長)の秋季手掘りホッキ漁が2日から始まり、朝から漁業者らが、温根沼前浜などで操業を行った。3日に根室市場で行われたセリでは大サイズ、中サイズともに高値は前年を上回るス...