北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

函館新聞

福島の「青の洞窟サイダー」売り切れ続出 半年で1万3000本出荷【福島】

好評の「青の洞窟サイダー」(コープさっぽろしりうち店で)

 【福島】町まちづくり工房と清涼飲料水製造販売会社の小原(七飯町)のコラボレーション商品「青の洞窟サイダー」(330ミリリットル入り、200円)が好評だ。発売から6カ月で1万3000本を出荷し、企画した同工房の平野松寿理事は「増産に次ぐ増産。品切れも相次ぎ、予想をはるかに上回る好評です」とうれしい悲鳴を上げている。

 同商品は2月14日に町内限定で発売。順次町外に出荷先を拡大し、現在は木古内町の道の駅「みそぎの郷きこない」や知内町の道の駅「しりうち」のほか、道南のコープさっぽろやハセガワストアなどで販売。福島町のふるさと納税でも取り扱っている。

 同工房が6月から運航する「岩部クルーズ」で訪れる“青の洞窟”をイメージした深い青が特徴。ラベルは青の洞窟の写真を半透明にし、海の透明感の演出にこだわった。知内町のコープさっぽろしりうち店では7月12日の開店当初から特設コーナーで取り扱い、同店では「親戚や友人に送る地元町民も多い。お盆には帰省者らしい方が買い求める姿も目立った」という。

 平野理事は「鮮やかな青で、インスタ映えするのがヒットの要因では」と分析。今秋からは道南各所の土産物店にも並ぶ見込みで、近く大手コンビニエンスストアへの出荷も始まる見通し。同法人では「福島町、道南の定番土産として定着すれば」と期待している。

関連記事

日高報知新聞

「日本の古典を読む会」【新ひだか】

【新ひだか】50年間にわたり日本の古典を読み続ける活動をしてきた町民サークルの「日本の古典を読む会」(米子克子代表、会員6人)に7日、町図書館で高野卓也町教育長から北海道読書推進運動協議会の令和...

日高報知新聞

主婦がコーヒー焙煎体験【新ひだか】

【新ひだか】「新ひだか得する街のゼミナール」全24講座が、1日から参加店(事業所)で始まっている。実行委の主催。  学ぶ・きれい・健康・食べる・作るなど多彩なまちゼミは、お店の人が講師となり、...

苫小牧民報

震災被害の山肌に植栽 森林造成へ実証試験-厚真

 道は8日、厚真町幌内の町有林で、胆振東部地震の土砂崩れなどにより約4300ヘクタールにも及んだ森林被害の復旧に向けた実証試験を実施した。林地の崩壊箇所に応じ、効率的な復旧方法を検証する取り組み...

苫小牧民報

カヌーやカーリング農業体験… 台湾の教育旅行視察団、北海道の魅力満喫

 台湾教育旅行視察団(李重毅団長)の一行6人がこのほど来道した。千歳をはじめ深川、名寄、札幌各市を巡り、カヌー体験や授業見学、農業体験やカーリング体験など本道の魅力を満喫した。  日本政府観光...

十勝毎日新聞

「清水男子図鑑」今年も ふるさと納税型CFと連動【清水】

 清水町は婚活支援事業「コイノヨカンプロジェクト」の一環で、町内の独身男性や町の暮らしを紹介する冊子「清水男子図鑑」を昨年に引き続き発行する。取り組みをPRし、共感を高めようと、11日からふる...