北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

「全道でも金賞獲得」、港北中吹奏楽部が意欲【室蘭】

地区コンで金賞を獲得し全道大会に臨む港北中吹奏楽部の部員たち

 室蘭市港北中学校吹奏楽部(清野さくら部長)が第64回日胆地区吹奏楽コンクール中学校C編成の部(25人以内)で金賞に輝き、きょう30日に札幌市で行われる全道大会に出場する。部員は「全道でも金賞を獲得し上位の東日本大会で演奏したい」と意気込んでいる。

 自由曲のみの同部門にあって、勝負の演奏曲に選んだのは天野正道作曲「ストラクチュアⅢ」。小編成向けに編曲した1曲で、現代風かつ緻密に構成された曲調は、奏者の調整力が求められる難易度の高い曲として知られる。部員は12人の少数精鋭。限られた人数でも一人一人が活躍できる曲を、と決めた。

 「少ない人数を言い訳にしたくないという思いがありました」。そう顧問の鈴木慶紀教諭は話す。中学校に入学してから楽器を始めたという部員たちは総じて演奏技術が高く、中でも3年生6人の進化は目覚ましいものがあった。「このメンバーなら曲が持つ強さを表現できる」と踏んだ。

 平日は放課後の2時間、週末も朝から夕方まで練習を重ねてきた。部長の清野さんは「指運び、メロディーの強弱のかけ方、どれも難しいですが、それだけにやりがいがあります」ときっぱり。全道大会には「みんなだんだんとうまくなっていている。本番のステージではいい演奏ができると思う」と自信を見せた。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...