北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

電力の安定供給に向けた対策説明 苫東厚真発電所4号機中間点検公開

タービンの出火部分を説明する担当者

 北海道電力は30日、中間点検で7月8日から運転を停止している苫東厚真火力発電所(厚真町浜厚真、総出力165万キロワット)の4号機を報道陣に公開した。昨年の胆振東部地震が原因で出火したタービンをはじめ、発電所の運転や監視を行う中央操作室など各施設を担当者が説明。今後の安定した電力供給に向けての対策が報告された。

 同発電所の村山淳所長は、「今回の定期点検は冬期間の電力安定供給に大変重要」と強調。その後、建屋の中央操作室や分解中の4号機のタービン、昨年の地震で出火した軸受け部分などを公開した。出火原因は「地震の揺れでボルトがずれたことで油が漏れ出したため」とし、今回の点検でワッシャーを追加し、ボルトの緩み防止を強化するなどの対策を説明した。

 中間点検は、4年ごとの定期事業者検査の中間年に自社で実施している。工事は7月8日に始まり、4号機の主タービン本体を分解。電気を発生させるタービンに蒸気を送る弁などの部品の解析や、地震の影響も確認している。点検が完了する11月10日までは1、2号機で発電する。

 同発電所は、昨年9月の地震発生時に火災や発電設備の損傷で3基すべてが緊急停止し、道内全域におよぶ大規模停電(ブラックアウト)の原因となった。同19日に1号機(最大出力35万キロワット)、25日に4号機(同70万キロワット)、10月10日に2号機(同60万キロワット)が復旧した。

関連記事

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...

日高報知新聞

ガソリン値下がり続き120円前後に

 3月から全国的にガソリン価格が急激に値下がりしている。資源エネルギー庁によると、レギュラーガソリンは、3月30日時点の直近3週間で10・1円の値下がりで、1リットル当たりの全国平均は136・3円...

日刊留萌新聞

開運会が感染防止へ手づくりマスク【留萌】

 留萌市内の町内会の一つ開運会(澤井篤司会長)では、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で全国的なマスク不足が続く中、会員全世帯の人数分の手洗いできる布製マスクを作った。2日から各班長を通して...