北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

入居に3年の壁、むかわ町の仮設店舗営業 先行き不安、町は柔軟対応へ

むかわ町の仮設店舗、入居者から3年間の入居期限後の対応を町に求める声が上がる

 胆振東部地震で多くの住宅や店舗などが被災したむかわ町。商店主の一部は現在、町が用意した仮設店舗で営業を続けているが、入居期限が3年に区切られているため、入居者から不透明な先行きに不安の声が上がる。町は復興を進めながら各事業者と協議し、柔軟に対応する考えだが、仮設店舗を置く土地は民間から借り受けているため見通しは立っていないのが現状だ。

 「われわれの行き先がどうなるのか。復興計画に明記されず不安が募っている。どうしたらよいか分からない」。むかわ町松風の仮設店舗で、たい焼き店いっぷく堂を経営する工藤弘さん(66)は不安を隠さずに語る。

 かつての自宅兼店舗は町内中心部にあったが、地震で倒壊。4月に仮設店舗に入居し、間もなく半年がたつが、地元住民を中心に店の場所を覚えてもらえるようになったのは最近のことだ。

 無償の仮店舗は3年期限の契約だが、「商売で場所がすぐに変わるのはよくない。この場所で続けていきたいが、賃貸契約に変わるなら今から話を聞かないと準備できない」とし、他の入居者と町への要望を検討中だ。

 同じ仮設店舗で営業している白田電気商会の白田忠美さん(61)も「町にはなるべく早く答えを出してほしい」と話す。末広にあった店舗は地震で倒壊し、近く解体する予定。一時期はプレハブで営業していたが、広さが足りず仮設店舗に入居した。鵡川地区は被災した商店の解体で更地が目立ち、人口減少も進む。「小さな町で人口が減り続けると商業が成り立たなくなる」と懸念を抱く。

 同町は仮設店舗の取り扱いについて、費用を抑えるため民有地のリース契約を選択した。3年の期限で無償とし、現在は工藤さんのたい焼き店と白田さんの電気店、さらに家具店の3店舗が入居する。

 一方、厚真町は町有地に仮設店舗を設置。2022年3月までは無償だが、その後は希望に応じて賃貸で延長入居できる仕組み。安平町は民有地に建てたが、期限の3年目以降は厚真町と同じ方法で調整している。

 むかわ町産業振興課は仮設店舗の扱いについて、中小機構の補助事業を活用する上で「期限を定める必要があった」と説明する。入居者には事前に事情を伝えているものの、町の復興計画に基づきまちなか再生に取り組む考えを強調。今後の対応は「大きな視点で復興を考え、仮設店舗の入居者と協議し、柔軟に対応していきたい」と話している。

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...