北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

入居に3年の壁、むかわ町の仮設店舗営業 先行き不安、町は柔軟対応へ

むかわ町の仮設店舗、入居者から3年間の入居期限後の対応を町に求める声が上がる

 胆振東部地震で多くの住宅や店舗などが被災したむかわ町。商店主の一部は現在、町が用意した仮設店舗で営業を続けているが、入居期限が3年に区切られているため、入居者から不透明な先行きに不安の声が上がる。町は復興を進めながら各事業者と協議し、柔軟に対応する考えだが、仮設店舗を置く土地は民間から借り受けているため見通しは立っていないのが現状だ。

 「われわれの行き先がどうなるのか。復興計画に明記されず不安が募っている。どうしたらよいか分からない」。むかわ町松風の仮設店舗で、たい焼き店いっぷく堂を経営する工藤弘さん(66)は不安を隠さずに語る。

 かつての自宅兼店舗は町内中心部にあったが、地震で倒壊。4月に仮設店舗に入居し、間もなく半年がたつが、地元住民を中心に店の場所を覚えてもらえるようになったのは最近のことだ。

 無償の仮店舗は3年期限の契約だが、「商売で場所がすぐに変わるのはよくない。この場所で続けていきたいが、賃貸契約に変わるなら今から話を聞かないと準備できない」とし、他の入居者と町への要望を検討中だ。

 同じ仮設店舗で営業している白田電気商会の白田忠美さん(61)も「町にはなるべく早く答えを出してほしい」と話す。末広にあった店舗は地震で倒壊し、近く解体する予定。一時期はプレハブで営業していたが、広さが足りず仮設店舗に入居した。鵡川地区は被災した商店の解体で更地が目立ち、人口減少も進む。「小さな町で人口が減り続けると商業が成り立たなくなる」と懸念を抱く。

 同町は仮設店舗の取り扱いについて、費用を抑えるため民有地のリース契約を選択した。3年の期限で無償とし、現在は工藤さんのたい焼き店と白田さんの電気店、さらに家具店の3店舗が入居する。

 一方、厚真町は町有地に仮設店舗を設置。2022年3月までは無償だが、その後は希望に応じて賃貸で延長入居できる仕組み。安平町は民有地に建てたが、期限の3年目以降は厚真町と同じ方法で調整している。

 むかわ町産業振興課は仮設店舗の扱いについて、中小機構の補助事業を活用する上で「期限を定める必要があった」と説明する。入居者には事前に事情を伝えているものの、町の復興計画に基づきまちなか再生に取り組む考えを強調。今後の対応は「大きな視点で復興を考え、仮設店舗の入居者と協議し、柔軟に対応していきたい」と話している。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...