北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

えりもなかの牧場を顕彰【えりも】

ジェネティックスの柾谷常務(右)から表彰を受けた倉田社長(中央)左は谷川組合長

【えりも】黒毛和種で優れた産肉能力のある種雄牛「夜桜(よざくら)」を生産したえりも町庶野のえりもなかの牧場合同会社(倉田太郎代表)に対し、一般社団法人ジェネティックス北海道(内田和幸理事長)が29日、浦河町のひだか東農協で家畜改良顕彰として倉田代表に賞状と盾、報奨金を贈った。

 ジェネティックスは、生産者とともに黒毛和種やホルスタイン種の優秀種雄牛の創出や種雄牛の精液、受精卵の販売、畜産改良や増殖などの技術開発・教育研修などを担っている。

 今回、えりもなかの牧場が平成26年(2014年)に生産した夜桜の母・よざくら(12歳)は、優秀な遺伝子を持ち、これまで多くの受精卵産子を残し、肉質、枝肉重量などで優れた産肉成績を残してきた。

 夜桜は誕生前の段階から候補種雄牛に選ばれ、誕生後は、雌牛への交配と生まれた肥育牛の枝肉調査などの現場後代検定の評価を経て、今回、2019年度前期の優秀な種雄牛に選抜された。

 ジェネティックス社によると、多数の候補牛から選抜される黒毛和種の種雄牛は「年1、2頭」という。

 29日の顕彰には牧場の倉田代表とジェネ社から柾谷智史常務が出席し、農協の谷川利昭組合長が立ち会った。

 えりもなかの牧場は、年間100~130頭の黒毛和種を生産し、素牛(子牛)販売している。今回の家畜改良顕彰について、倉田代表(40)は「まさかと驚いた。頑張っても選ばれるものではなく、簡単ではないこと」と話していた。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...