北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

子ども向け屋内施設「遊びの広場」計画案発表【根室】

 根室市は30日、子ども向け屋内遊戯施設「仮称・ふるさと遊びの広場」の基本計画案を明らかにした。建設候補地を総合運動公園に絞り込んだほか、誰もが使える空間の創出など4項目の基本方針を示した。また、建設費を4億5610万円と想定。令和2年度に実施設計を予定し、早ければ同年度中にも着工する計画となっている。

 子ども向け屋内遊戯施設は、ふるさと納税の寄付金の使い道を探る「根室市ふるさと応援みらい会議」(山下大介会長)で、使い道の優先順位第一位に挙げられた、市民要望の最も高い施設。30年度に策定した基本構想では、「いつでも使える全天候型の屋内の遊び場」など基本理念とともに、施設規模を約650平方メートル(うち屋内遊戯スペースを約450平方メートル)整備候補地は総合運動公園と明治公園の2カ所を提案。概算事業費として約5億円と見積もっていた。

 30日に公表した基本計画案では、施設整備候補地として、「緑地や屋外遊具」など既存の屋外遊戯スペースとの連動、駐車スペース、さらに基本構想の市民意見公募手続き(パブリックコメント)で52.2パーセントと要望が高かった総合運動公園の屋外遊具南側緑地に絞り込んだ。

 また、施設整備の基本方針に、幅広い年齢の子どもたちの利用に応じた「誰もが使える空間の創出」、「安全な空間の確保」とともに、子どもが自ら創意工夫しながら遊んだり学んだりすることができる「自由な遊びの創出」を掲げた。施設運営については、安心して利用できるよう、市の直接管理運営とし管理者を常駐させるとともに、利用料が無料の自由来館型施設で、原則保護者・引率者同伴。また、衛生面から施設内は水分補給のみとし、休憩や飲食可能なスペースとして「屋外テラス空間」を設けるとしている。

 なお、概算事業費で約5億円とした建設コストは、基本構想時の積算を基本に整理し、建設工事費2億9200万円、遊具設備費8400万円で、基本設計・実施設計も含めた総事業費は4億5610万円と弾いた。

 市では基本計画案について9月上旬から1カ月間、市民の意見を求めるパブリックコメントを実施。これらの意見を踏まえ、6月に設置した「仮称・ふるさと遊びの広場整備検討委員会」(委員長・齋藤久恵根室カトリック幼稚園長、委員11人)で審議し、成案化するとともに、今年度中に基本設計、令和2年度に実施設計に着手。着工は2年度以降としており、早ければ同年度中の着工を見据えている。

市が公表した「ふるさと遊びの広場」の外観イメージ図=根室市提供

関連記事

函館新聞

道立函館美術館 再開後堅調 橋本・鵜川展は5日まで【函館】

 新型コロナウイルス感染拡大を受けて約1カ月間休館していた道立函館美術館では、道南で活動した2人の画家、橋本三郎と鵜川五郎に焦点を当てた特別展が5日で終了となる。会期の大半が休館中だったこともあ...

函館新聞

魅力発信や人材育成に重点 渡島、桧山振興局【函館】

 渡島総合振興局と桧山振興局は、今年度の地域政策推進事業(独自事業)の概要を明らかにした。渡島は縄文文化の魅力発信を強化する「JOMON渡島ネクストステージ事業」など計11事業に2250万300...

苫小牧民報

鵡川高野球部OB森泰一さん 春から母校のコーチに

   鵡川高校野球部OBで2009年のセンバツ甲子園に主将として出場した森泰一さん(28)が今春、むかわ町職員として採用され、母校野球部のコーチに就任した。会社員から一転し、指導者として帰ってきた...

苫小牧民報

糸井山、錦岡樽前山神社例大祭を中止 新型コロナ影響「無理して開催すべきで..

 夏祭りシーズンの到来を告げるイベントで、6月開催予定だった糸井山神社例大祭は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止が決まった。同じく6月開催の錦岡樽前山神社例大祭も、露店やみこし巡行を中止し、...

日高報知新聞

日高ってどんな所?「Radioしずない」開設【新ひだか】

【新ひだか】地域情報を発信するコミュニティFMの開局を検討していた町内の喫茶店主ら有志6人が、手法を変えて3月からインターネットラジオ局を開始した。  静内山手町3の喫茶店「シジジーカフェ」...