北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

高校選択科目「海の科学」授業 海保が協力【根室】

 根室海保(丹野博信部長)は30日、根室高校で新設された選択科目「海の科学」の授業の一環として、巡視船「くなしり」による体験型船内授業を実施した。同校のカリキュラムの一環で根室海保が授業を行うのは今回が初めてで、12月までに4回の授業が予定されている。

 根室市内高校の再編統合で平成29年に新設校としてスタートした根室高校では、生徒が自ら科目を選択して、自由に時間割をつくることができる単位制を導入。選択科目の一つとして海の科学の授業が今年初めて設置され、海洋の性質、海洋の層構造などの授業のほか、道東の海の特徴など地域特性を生かした勉強をする。

 根室海保では、地元学生に対する海上保安庁業務、組織の認知度の向上などを図るため、学校に協力を申し入れて学校方針に沿う形で授業に参画。今回初めての共同授業となった。

 当日は根室高校の3年生36人が参加。生徒らは巡視船「くなしり」に乗り込み、午後2時ごろ、納沙布岬付近の海域を目指して根室港を出港。船内では2班に分かれて授業が行われ、海図の種類、水深、航路標識など海図の見方などのほか、船位測定法という方法で「納沙布岬灯台を120度、ノッカマップ埼灯台を169度、野付埼灯台を296度に見える自船の位置はどこにあるか」という問題に挑戦。海保職員にアドバイスを受けながら三角定規などを使って海図から巡視船の位置を探し出した。

 また、根室の地理的特徴として、珸瑤瑁水道など日本でも有数の狭水道が点在し、水深も浅く航海の難所であるなど根室海峡や流氷について学んだ。船内ではレーダー、コンパスなど航海計器等も見学。納沙布岬付近の海域に着くと、実際に水晶島、秋勇留島、貝殻島灯台などを目にしながら海保職員から北方四島について説明を受けた。

 初めての体験型船内授業を受けた生徒たちは「釣りが好きで、海や自然も好きで根室の海を知りたくて海の科学の授業を選んだ。普段海から見ることができない根室のまちを見られて良かった」、「海はきれいで、いろんな生き物がいて、何より根室が海のまちということで、海の科学を選んだ。海の広さを感じることができた」と話していた。

 根室海保では今回を含め、12月までに4回の授業を行う予定。今後は海上安全、海洋環境、海洋情報などについて高校内で授業を行う。

海保職員のアドバイスを受け、海図から巡視船の位置を探し出す生徒ら

関連記事

日高報知新聞

新鮮野菜を安値で 菜花が今シーズンの営業開始【新ひだか】

【新ひだか】三石地区の特産品を多くの人に知ってもらおうと、同地区農家が中心となって三石鳧舞の道の駅みついし隣接地で運営する農産物三石直売所「菜花(さいか)」(河合博文代表、会員85人)が、4日か...

日高報知新聞

管内7町を7色で表現 観光PRポスター制作

 日高振興局は、全国のイベントや道内外の観光施設に掲示する「ひだか地域観光PRポスター」を制作した。管内7つのまちのそれぞれが持っている個性(カラー)を7つの色で表現した「ナナイロひだか旅」が...

苫小牧民報

床面積は2倍に新千歳国際線ビル 拡張工事が完了

 新千歳空港国際線ターミナルビルの拡張工事が先月で、完了した。航空会社のカウンターや保安検査場、搭乗待合室などが拡張され、国際線ビル全体の延べ床面積は約2倍の12万4000平方メートルに。ビル内...

苫小牧民報

全国建築板金競技大会で古市さんが日本一 苫小牧市から初

 苫小牧市元中野町の梨木工業(梨木仁代表)の工事部部長、古市友之さん(45)は、2月に静岡県富士宮市で開かれた「第42回全国建築板金競技大会」(日本建築板金協会・全日本板金工業組合連合会主催)に...

名寄新聞

特別純米酒「彗星」生酒限定販売・名寄産酒米を100%使用【名寄】

 名寄市風連産酒米「彗星」を100%使用した特別純米酒「名寄彗星」の数量限定「生酒」(製造元・上川大雪酒蔵)が、4日から市内各小売店などで販売されている。同酒を卸している丸徳木賀商店(木賀義友...