北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

3町の菓子ぎゅっと 道の駅で販売【本別・足寄・陸別】

 十勝東北部三町道の駅連絡会議が1日から、本別・足寄・陸別の3町自慢の焼き菓子がひとつにパッケージされた商品の販売を始めた。1箱で各町の特色である「しばれくん」「オンネトー」「豆」をまとめてアピールでき、観光振興の一助にもなると期待されている。

1日から販売が始まった「ちょこっとよくばりお菓子セット」

 2017年にスタートした同連絡会議の話し合いで、本別、足寄、陸別の3町それぞれが、近隣の釧路市や阿寒湖、北見市などからのアクセスが良いことから、各町を訪れる観光客にまとめてPRしようと企画した。

 「ちょこっとよくばりお菓子セット」と命名。本別の「黒豆サブレ」8枚入り1袋、足寄の「オンネトー物語」6枚入り1袋、陸別の「しばれくん・つららちゃんせんべい」2枚入り3袋を箱詰めした。

 パッケージには、3町の地図に「豆」「足跡」「町のキャラクターなど」のほか、かつて3町をつないだ国鉄池北線の路線もイラストで描かれた。デザインは陸別町の地域おこし協力隊が担当した。

 お菓子セットはステラ★ほんべつ、あしょろ銀河ホール21、オーロラタウン93りくべつの各道の駅のみで販売する。1箱1500円。日持ちして土産に適していることから焼き菓子を選んだ。

 同会議メンバーでステラ★ほんべつを運営するNPO法人銀河ほんべつの今村周平事務局長は「複数の道の駅が連携した商品は珍しく、食べた人が『今度はこの町に行ってみようか』と思っていただければ」とPRしている。

ポイントカード発行「何度も来て」

 十勝東北部三町道の駅連絡会議は1日から、ポイントがたまると割引となる「3駅☆ラッキーポイントカード」を発行する。

 8月末まで実施した特産品プレゼント、ソフトクリームラリーに続く観光振興の企画で、初めての試み。ステラ★ほんべつ、あしょろ銀河ホール21、オーロラタウン93りくべつのいずれかで、1回の買い物で税込み500円ごとに1ポイントが付与される。

 20ポイントがたまると500円分の割引券となり、各道の駅の物産販売店で利用できる。担当者は「ぜひ道の駅に何度も足を運んでいただければ」と話している。

関連記事

室蘭民報

あすなろでドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」を限定販売【洞爺湖】

500個限定販売  洞爺湖町入江のデイセンターあすなろでは、ドイツの伝統焼き菓子「シュトーレン」の製造が最盛期を迎えている。今年は500個限定。ラム酒に漬け込んだレーズンやオレンジピール、レモンピ...

室蘭民報

ザ・ウィンザーホテル洞爺飯島総料理長が「ベジミクロ」を活用【洞爺湖】

西胆振産の野菜、もっと使いたい  最高級のおもてなしで知られるザ・ウィンザーホテル洞爺リゾート&スパ(洞爺湖町)。料飲担当理事で、総料理長の飯島豪さん(54)は、西胆振の豊富な食材を積極的に取り...

室蘭民報

中井英策商店で「キンキのいずし」の製造が大詰め【伊達】

 師走に入り、中井英策商店(伊達市南稀府町、及川昌弘代表取締役社長)で、「キンキのいずし」の製造が大詰めを迎えている。伊達市の名産とあって、従業員が彩り鮮やかに詰め込んでいる。  同社はハタハ...

十勝毎日新聞

十勝ワイン新酒 豪快に 楽しむ会【帯広】

 「帯広・十勝ワインを楽しむ会」が1日、帯広市内のとかち館で開かれた。愛好家ら54人が参加。11月30日に解禁になったばかりの十勝ワインヌーボ2019を中心に、ワインと料理を楽しんだ。  同会...

室蘭民報

スイーツいかが…「うずらプリン」の製造がピーク【室蘭】

 室蘭うずら園(三浦忠雄代表取締役)の人気商品「室蘭うずらのプリン」が、歳末商戦向けに製造がピークを迎えている。室蘭市石川町の同社工場内は、甘い香りに包まれている。  同プリンは、餌を工夫して...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス