北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

3町の菓子ぎゅっと 道の駅で販売【本別・足寄・陸別】

 十勝東北部三町道の駅連絡会議が1日から、本別・足寄・陸別の3町自慢の焼き菓子がひとつにパッケージされた商品の販売を始めた。1箱で各町の特色である「しばれくん」「オンネトー」「豆」をまとめてアピールでき、観光振興の一助にもなると期待されている。

1日から販売が始まった「ちょこっとよくばりお菓子セット」

 2017年にスタートした同連絡会議の話し合いで、本別、足寄、陸別の3町それぞれが、近隣の釧路市や阿寒湖、北見市などからのアクセスが良いことから、各町を訪れる観光客にまとめてPRしようと企画した。

 「ちょこっとよくばりお菓子セット」と命名。本別の「黒豆サブレ」8枚入り1袋、足寄の「オンネトー物語」6枚入り1袋、陸別の「しばれくん・つららちゃんせんべい」2枚入り3袋を箱詰めした。

 パッケージには、3町の地図に「豆」「足跡」「町のキャラクターなど」のほか、かつて3町をつないだ国鉄池北線の路線もイラストで描かれた。デザインは陸別町の地域おこし協力隊が担当した。

 お菓子セットはステラ★ほんべつ、あしょろ銀河ホール21、オーロラタウン93りくべつの各道の駅のみで販売する。1箱1500円。日持ちして土産に適していることから焼き菓子を選んだ。

 同会議メンバーでステラ★ほんべつを運営するNPO法人銀河ほんべつの今村周平事務局長は「複数の道の駅が連携した商品は珍しく、食べた人が『今度はこの町に行ってみようか』と思っていただければ」とPRしている。

ポイントカード発行「何度も来て」

 十勝東北部三町道の駅連絡会議は1日から、ポイントがたまると割引となる「3駅☆ラッキーポイントカード」を発行する。

 8月末まで実施した特産品プレゼント、ソフトクリームラリーに続く観光振興の企画で、初めての試み。ステラ★ほんべつ、あしょろ銀河ホール21、オーロラタウン93りくべつのいずれかで、1回の買い物で税込み500円ごとに1ポイントが付与される。

 20ポイントがたまると500円分の割引券となり、各道の駅の物産販売店で利用できる。担当者は「ぜひ道の駅に何度も足を運んでいただければ」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

自然な甘さ手作りジャム フルーツガーデン【清水】

 とかちしみずフルーツガーデン(清水町熊牛11)は今シーズンから、同園の果実を使ったジャムの販売を始めた。  生食以外にも幅広い食べ方で果物を楽しんでもらおうと、5年ほど前から開発に着手。甘味...

室蘭民報

新鮮な海産物、味わって マルカン本間水産直営食堂【白老】

「エビ・北寄丼」が人気  白老町虎杖浜のマルカン本間水産(本間直人代表取締役)の直営食堂「たっちゃん食堂」の新鮮な海産物を使ったランチが好評だ。8月からは、一時休止していた「活エビ・活北寄丼」(...

十勝毎日新聞

新得地鶏 道内店でも コロナで低迷 応援【帯広】

 エー・ピーカンパニー(東京)が運営する「宮崎県日南市 塚田農場帯広店」(帯広市西2南11)は、新得地鶏を使ったメニューの提供を行っている。新型コロナウイルスの影響で消費が低迷する新得産地鶏の応援...

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...