北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

3町の菓子ぎゅっと 道の駅で販売【本別・足寄・陸別】

 十勝東北部三町道の駅連絡会議が1日から、本別・足寄・陸別の3町自慢の焼き菓子がひとつにパッケージされた商品の販売を始めた。1箱で各町の特色である「しばれくん」「オンネトー」「豆」をまとめてアピールでき、観光振興の一助にもなると期待されている。

1日から販売が始まった「ちょこっとよくばりお菓子セット」

 2017年にスタートした同連絡会議の話し合いで、本別、足寄、陸別の3町それぞれが、近隣の釧路市や阿寒湖、北見市などからのアクセスが良いことから、各町を訪れる観光客にまとめてPRしようと企画した。

 「ちょこっとよくばりお菓子セット」と命名。本別の「黒豆サブレ」8枚入り1袋、足寄の「オンネトー物語」6枚入り1袋、陸別の「しばれくん・つららちゃんせんべい」2枚入り3袋を箱詰めした。

 パッケージには、3町の地図に「豆」「足跡」「町のキャラクターなど」のほか、かつて3町をつないだ国鉄池北線の路線もイラストで描かれた。デザインは陸別町の地域おこし協力隊が担当した。

 お菓子セットはステラ★ほんべつ、あしょろ銀河ホール21、オーロラタウン93りくべつの各道の駅のみで販売する。1箱1500円。日持ちして土産に適していることから焼き菓子を選んだ。

 同会議メンバーでステラ★ほんべつを運営するNPO法人銀河ほんべつの今村周平事務局長は「複数の道の駅が連携した商品は珍しく、食べた人が『今度はこの町に行ってみようか』と思っていただければ」とPRしている。

ポイントカード発行「何度も来て」

 十勝東北部三町道の駅連絡会議は1日から、ポイントがたまると割引となる「3駅☆ラッキーポイントカード」を発行する。

 8月末まで実施した特産品プレゼント、ソフトクリームラリーに続く観光振興の企画で、初めての試み。ステラ★ほんべつ、あしょろ銀河ホール21、オーロラタウン93りくべつのいずれかで、1回の買い物で税込み500円ごとに1ポイントが付与される。

 20ポイントがたまると500円分の割引券となり、各道の駅の物産販売店で利用できる。担当者は「ぜひ道の駅に何度も足を運んでいただければ」と話している。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...

室蘭民報

種類豊富な豆とパスタ…自家焙煎珈琲家・胡亜羅【室蘭】

 自家焙煎の珈琲専門店。お薦めは店主・熊谷勉さん(66)の好みに合わせたコクのある「オリジナルブレンド珈琲(税込み500円)」。ブラジルサントスやグアテマラ、ペルーと十数種類の豆を取りそろえる...

室蘭民報

関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売【伊達】

 伊達市関内小学校(森晶子校長、33人)の3~6年生27人は9日、伊達市末永町のくみあいマーケット本店で、学校で育てたトウモロコシを販売し、地域住民や保護者らに好評を得ていた。  総合学習の一...

室蘭民報

食のアドバイザー佐々木さんが地元食材使い料理教室【伊達】

 伊達150年記念事業で、オホーツク管内置戸町で食のアドバイザーとして活躍する佐々木十美さん(68)=同町在住=を招いた料理教室が8日、だて歴史の杜食育センター(梅本町)であった。参加者は伊達産...