北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

ラボ展閉幕 来場8万9065人 美術館【帯広】

林社長(左から3人目)と野崎館長(同4人目)らが笑顔で来場者を見送った

 道立帯広美術館で開かれた体験型デジタルアート展「チームラボ 学ぶ!未来の遊園地と、花と共に生きる動物達」が1日、約2カ月間の会期を終えて閉幕した。総来場者数は8万9065人となり、同美術館の展覧会の来場者数記録を大幅に塗り替えた。

 十勝毎日新聞創刊100年記念事業で、実行委員会の主催。デジタルアート集団「チームラボ」(東京)による6作品が展示された。

 来場者数は8月11日、「フランス19世紀絵画展」(1991年、帯広美術館の開館記念特別展)が記録した3万8424人を更新。盆期間以降はリピーターも増加、最終的な来場者数は9万人近くにまで伸びた。

 実行委は「SNSで情報が拡散、子どもたちの口コミもあり認知度が高まった。ちょっとした社会現象になった」と話している。

 1日は閉館時刻となる午後5時、十勝毎日新聞社の林浩史社長や帯広美術館の野崎弘幸館長らが来場者を見送った。札幌から訪れた男子児童(11)は家族4人で楽しみ、「滑り台は色がきれいで10回以上遊んだ」と笑顔を見せた。

 野崎館長は「帯広美術館の新たな歴史を刻むことができてうれしい。親子で美術館に足を運ぶきっかけをつくった。子どもたちが親になったとき、自分の子どもを連れて再訪することを期待したい」と話していた。

関連記事

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

十勝毎日新聞

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ【音更】

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

室蘭民報

サケの販売やくじ引きも…15日にしらおいチェプ祭開催【白老】

 サケの恵みに感謝する第31回しらおいチェプ祭(同実行委主催)が15日、白老港汐音ひろばで開かれ、サケの販売やサケが当たるくじ引きなどが行われる。  チマチェプ(焼きサケ)、チェプオハウ(サケ...

室蘭民報

「アンサンブルヴェルヴ」、14日演奏会【室蘭】

 関東在住のプロ演奏家4人による「アンサンブルヴェルヴ」(伊勢久視代表)の第8回室蘭公演が14日午後2時から、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。  室蘭民報社など後援。今年のテーマは「音」故知...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...