北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

7、8日にチョウザメまつりを初開催【美深】

 「道の駅びふか感謝祭2019withチョウザメまつり1st」が、9月7、8の両日午前10時から午後3時まで道の駅「びふか」野外特設会場で開かれる。恒例の「道の駅びふか感謝祭」に合わせて、初めて「チョウザメまつり」を開催。チョウザメ展示や試食コーナー、動画配信などを通して、魅力をPRすることにしている。

 道の駅を運営する株式会社アウル(代表取締役社長・山口信夫町長)、チョウザメまつり実行委員会(委員長・草野孝治町総務課長)が主催。

 「道の駅びふか感謝祭」は恒例のイベントで、屋内でソフトクリーム全品の他、美深牛肉まん、コロッケを販売。  屋外では、テッシグルメ&カフェのガレット各種やタピオカドリンク、商工会青年部の「かぼちゃあまざけ美深」、FOOD831番の大福や赤飯、おはぎ、わたあめクラブの焼き鳥を販売する。農産物販売では、北はるか農協のカボチャやジャガイモ、フルーツトマト、スナップエンドウ、アウルのキャベツ、ハクサイを取りそろえる。

 また、大福餅の無料配布、子ども向けの綿あめサービス、エクストリーム芹川さんの大道芸パフォーマンス、北海道電力の高所作業車展示・乗車体験、買い物レシートで抽選のふるさと納税返礼品プレゼント、路上ライブ音フェスも繰り広げられる。

 「チョウザメまつり」は初めて開催するイベントで、美深町内ではチョウザメ養殖の取り組みが進められている中、チョウザメの魅力を食と観光でPRしよう―と企画。町やアウル、美深振興公社(びふか温泉を運営)などで実行委員会を組織した。

 チョウザメの生態や美深とのつながりなどを解説するパネル展示、チョウザメ館の鑑賞用チョウザメ展示をはじめ、子ども向けにおもちゃのチョウザメすくいで菓子をプレゼントする。

 試食コーナーでは、くん製、フライ、ケバブを数量限定で用意。ひれ酒用のひれも販売する。

関連記事

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

十勝毎日新聞

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ【音更】

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

室蘭民報

サケの販売やくじ引きも…15日にしらおいチェプ祭開催【白老】

 サケの恵みに感謝する第31回しらおいチェプ祭(同実行委主催)が15日、白老港汐音ひろばで開かれ、サケの販売やサケが当たるくじ引きなどが行われる。  チマチェプ(焼きサケ)、チェプオハウ(サケ...

室蘭民報

「アンサンブルヴェルヴ」、14日演奏会【室蘭】

 関東在住のプロ演奏家4人による「アンサンブルヴェルヴ」(伊勢久視代表)の第8回室蘭公演が14日午後2時から、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。  室蘭民報社など後援。今年のテーマは「音」故知...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...