北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

女性競馬ファン32人参加【新ひだか】

MKランチで乗馬後に記念撮影する参加者たち

【新ひだか】三石軽種馬生産振興会青年部(前川勝春部長)主催の「ロードカナロアの故郷レディースツアー」が8月30日から9月1日まで2泊3日の日程で、日高・胆振管内のカナロアゆかりの地を巡った。

 女性競馬ファンと軽種馬牧場後継者の交流を目的に、今年で24年目を迎える人気のイベント。町内の三石産馬で国内外の短距離GⅠレースを制し、平成25年度のJRA年度代表馬、昨年にはJRA顕彰馬に選定された名馬ロードカナロアの故郷を巡るツアー。

 今年も道内外から過去最高の女性競馬ファン32人、青年部からは15人が参加した。

 初日は新千歳空港に集合し、種牡馬としてカナロアがけい養されている胆振管内安平町の社台スタリオンステーションを訪問。カナロアと対面を果たすと、参加者たちからは喜びの声が上がった。

 続いて、新冠町の優駿スタリオンステーションでけい養の種牡馬を見学。

 2日目は、馬のイラストレーター・おがわじゅりさん(宮城県在住)がバスに同乗しておがわさんデザインの牧場看板などを見学。三石鳧舞の乗馬施設・MKランチで乗馬体験をした後、カナロアの生まれ故郷である三石川上のケイアイファームへ向かい、1200㍍の坂路を歩くなど貴重な体験を楽しんでいた。

 このあと浦河町に向かいイーストスタッドとJRA日高育成牧場も見学した。

夜はみついし農協倉庫での特産のみついし牛を使ったバーべキューで盛り上がった。

 最終日は二十間道路桜並木沿いにあるレックススタッドとアロースタッド、新冠町のビッグレッドファーム、日高町のブリーダーズ・スタリオン・ステーションの種馬場を巡って名馬たちを見学。さまざまな思い出を作り、参加者たちは満足した様子で帰途に着いた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...