北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

「復興のみそぱん」新発売 厚真町産のおふくろみそ使用-三星

厚真産のみそを使用した「厚真復興のみそぱん」

 菓子製造販売の三星(本社苫小牧市)は5日から、胆振東部地震の復興支援の一環で厚真町産の「おふくろみそ」をパン生地に練り込んだ「厚真復興のみそぱん」(税込み160円)の販売を始めた。苫小牧市と登別市の11店舗で取り扱っている。同社は「みその売り上げ増に貢献できればうれしい」と話している。

 「おふくろみそ」はとまこまい広域農協女性部厚真支部加工部が町内のみそ加工施設で手作りする製品。地元産の大豆と米こうじに天然塩を合わせ、長時間熟成させたまろやかな風味が特徴だ。

 三星は2012年から「おふくろみそ」を使用したまんじゅう「みそまん」(税込み110円)を販売。昨年の地震の復興支援として、みそを生地に練り込んだパンを新たに開発した。

 程よい塩気としっとりした口あたりが特徴。担当者は「みそを使ったことで濃厚で奥深い味わいに仕上がった。ぜひ味わってほしい」とアピールしている。

 販売店はパン工房が併設する次の11店舗。

 ▽本店(糸井)、見山店(見山町)、新開店(新開町)、沼ノ端店(北栄町)、春日店(春日町)、中央店(旭町)、ウトナイ店(植苗)、三条通店(矢代町)、駅前店(表町)、パセオ川沿店(川沿町)、登別若草店(登別市)。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...

室蘭民報

種類豊富な豆とパスタ…自家焙煎珈琲家・胡亜羅【室蘭】

 自家焙煎の珈琲専門店。お薦めは店主・熊谷勉さん(66)の好みに合わせたコクのある「オリジナルブレンド珈琲(税込み500円)」。ブラジルサントスやグアテマラ、ペルーと十数種類の豆を取りそろえる...

室蘭民報

関内小児童が学校で育てたトウモロコシを販売【伊達】

 伊達市関内小学校(森晶子校長、33人)の3~6年生27人は9日、伊達市末永町のくみあいマーケット本店で、学校で育てたトウモロコシを販売し、地域住民や保護者らに好評を得ていた。  総合学習の一...

室蘭民報

食のアドバイザー佐々木さんが地元食材使い料理教室【伊達】

 伊達150年記念事業で、オホーツク管内置戸町で食のアドバイザーとして活躍する佐々木十美さん(68)=同町在住=を招いた料理教室が8日、だて歴史の杜食育センター(梅本町)であった。参加者は伊達産...