北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

「情緒ある湖海」テーマに 所蔵美術展始まる【根室】

始まった所蔵美術展

 市総合文化会館による4年ぶり7回目の所蔵美術展が4日、同会館多目的ホールで始まった。どこかで市民の目に触れてきた作品もあるが、所蔵美術展に並ぶのは初めての作品ばかりで、会館では市民多数の鑑賞を呼び掛けている。入場無料で8日まで。

 今回は「情緒ある湖海」をテーマに、納沙布岬に代表される海のある風景や風蓮湖・春国岱、温根沼など美しい自然景観を作り出している湖沼をモチーフにした作品を集めた。日本画1点、油彩22点、水彩7点、書道1点、写真9点、布絵4点の計44点が展示されている。

 根室出身で銅版画家として活躍する池田良二さん(武蔵野美術大学名誉教授)の若い頃の作品とされる油彩「冬の北海道」や、第一美術展や二科展、光風会展などで活躍した佐野忠吉さんの1955年の作品「海」、“流氷の中村”として知られた写真家中村貞世さんの流氷の写真(無題)など多彩。カメラの光陽堂創業者で根室の自然を記録してきた江戸勝男さんの春国岱をモチーフにした春夏秋冬の作品、千葉一男さんの油彩根室十景シリーズから温根沼、春国岱、風蓮湖、納沙布岬の4点なども展示されている。

 納沙布岬はモチーフとして描かれることが多く、今回も多数の作品が並んでおり、作家によって違う岬の表情を見比べることができる。

 所蔵展は毎日午前9時から午後7時まで鑑賞できるが、最終日のみ午後5時で終了する。

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...