北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

芽室病院「もっと身近に」 来月「まつり」初企画【芽室】

 公立芽室病院(小窪正樹院長)主催の「第1回病院まつり」が10月5日午前11時から、同病院(東4ノ3)1階フロアで開かれる。楽しいイベントを通じて住民と交流を図ることを目的に初めて企画した。自治体病院として厳しい経営が続く中、「地域に開かれた親しまれる病院」を目指すことで、経営改革・改善につなげたい考え。

初開催のまつりをPRする公立芽室病院の看護師

 芽室病院は昨年度まで、7期連続の赤字決算となっている。まつりは「病院経営の再生」「経営の安定化」「PR・広報活動の強化」を3本柱に、地域と医療の結びつきを強める「アクション・プラン15」の一環で、病院職員による実行委員会を組織した。この他にも、地域医療講演会を開いたり、休診していた内科の午後診療を医師の増員で再開するなど、診療体制を強化している。

 まつりは「もっと身近に」をテーマに、白衣を着て記念撮影ができる「なりきりドクター&ナース」、チョコレートを使って薬ができる過程を体験する「おくすり調剤体験」、電気メスを扱う「手術疑似体験」(中学・高校生対象、予約制)など、ユニークな関連イベントを用意している。

 さらに、医師や栄養士、薬剤師らが対応する「無料健康相談」「骨粗しょう症ミニ講座」、血管年齢・血糖値などを測定する「健康チェック」を予定。小児科の木田和宏医師による切り絵教室、元芽室町職員の加藤光幸さんによるマジックショーも行われる。

 駐車場にはキッチンカー3台も集合。クレープやタピオカドリンク、たこ焼き、キーマカレーなどを販売する。

 午後3時まで。入場無料。同病院の西科純事務局長は「普段は足を運ぶ機会がない人にも、気軽に遊びに来てほしい」と来場を呼び掛けている。問い合わせは芽室病院(0155・62・2811)へ。

経営改革に取り組む公立芽室病院

関連記事

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

十勝毎日新聞

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ【音更】

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

室蘭民報

サケの販売やくじ引きも…15日にしらおいチェプ祭開催【白老】

 サケの恵みに感謝する第31回しらおいチェプ祭(同実行委主催)が15日、白老港汐音ひろばで開かれ、サケの販売やサケが当たるくじ引きなどが行われる。  チマチェプ(焼きサケ)、チェプオハウ(サケ...

室蘭民報

「アンサンブルヴェルヴ」、14日演奏会【室蘭】

 関東在住のプロ演奏家4人による「アンサンブルヴェルヴ」(伊勢久視代表)の第8回室蘭公演が14日午後2時から、室蘭市輪西町の市民会館で開かれる。  室蘭民報社など後援。今年のテーマは「音」故知...

十勝毎日新聞

全国よりすぐりの味覚が藤丸に集合 うまいもの大会【帯広】

 藤丸7階催事場で12日、恒例の全国うまいもの大会が始まった。新規4店を含む49店が出店、大勢の買い物客でにぎわっている。第1弾は17日まで。  うまいもの大会は年2回開催。北海道から沖縄まで...