北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

復興への思い強く 式典で犠牲者悼む-厚真、安平

約500人が参列した追悼式=7日午前、厚真町

 胆振東部地震から1年を迎えた6日と7日午前、厚真町で震災により亡くなった人を慰霊する追悼式や法要、安平町で復興への思いを新たにする式典が開かれ、多くの町民や遺族、関係者などが出席した。

 厚真町では7日午前、町総合福祉センターで地震による土砂災害などで亡くなった町民37人(災害関連死含む)をしのぶ追悼式を執り行った。遺族や町民ら約500人が参列し、犠牲者に対して哀悼の意をささげるとともに一日も早い復興を願った。

 式辞では宮坂尚市朗町長が、「再び立ち上がり、犠牲になった方々が愛したこのまちを輝かせるのが私たちの決意。遠く険しい道のりですが、託された郷土厚真の輝きを取り戻すため、町民一丸で立ち上がり復興に努める」と述べた。

 続けて鈴木直道知事が「被災した方々の課題を丁寧に受け止め、目に見える復興を進めていく」などとあいさつ。遺族、来賓、一般の順で祭壇に白菊を手向け、故人をしのんだ。

 町内美里地区の農家、鳥海満保さん(82)は昨年の土砂崩れで亡くなった早坂清さんと土地改良事業で一緒に仕事をした間柄。「若い時に一緒に働いたことを思い起こしながら式典に出席した。長いようで短い一年だった」と悲しみをこらえるように話した。

 前日の6日夕方には、町内の4寺院でつくる厚真町仏教会による物故者一周忌追悼法要が町内桜丘の専厚寺で執り行われた。犠牲者の遺族など約150人が参列し、故人をしのんで合掌した。

 同級生2人と兄を地震で亡くした苫小牧市内在住の女性(60)は「法要を通して亡くなった兄や同級生にあいさつができた気がした」と言葉少なに語った。

 安平町では同日午後、追分公民館で復興祈念式典が開かれた。町民ら約300人が胆振東部地震後、まちが歩んできた1年の記録を映像で振り返ったほか、支援に携わった185の個人や団体、企業に感謝状を贈呈。さらなる復興への決意を新たにした。

 及川秀一郎町長は、あいさつで「震災直後は職員が町内を走り回って被害状況を把握し、災害対策本部で関係機関との調整に没頭していた」と1年前を述懐。「今も不自由な生活をしている方がいる。震災前より安心して住み続けられるよう、全力で取り組む」と述べた。

 式典では、防災対策や生活復興をテーマにした講演も行われた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...