北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

名寄新聞

町長がバスガイド・地域の魅力を発信【下川】

谷町長とツアーの参加者たち

 シィービーツアーズ(札幌市、戎谷侑男社長)が主催の「町長がバスガイド~下川町・興部町編~」が、7、8の両日に下川町と興部町で開かれた。

 谷一之下川町長と戎谷社長が、知り合い同士だったことから企画。町長自らバスガイドとなり、トップセールスによる町の魅力を発信することで、町へのリピート観光、ふるさと納税による応援、興部町をはじめとした広域的な滞在観光ルート開発などに結び付け、地域経済の活性化を図ることが狙い。

 札幌市と小樽市在住の50~80代男性7人と女性9人が参加。7日は下川町、8日は興部町を巡った。

 谷町長は名寄市風連町の道の駅からツアーのバスへ乗車。車内で町の概要を説明した。下川に到着するとフレペで昼食(下川環境サービス提供)。町有林(渓和地区)、2000年の森展望台、木質原料製造施設(燃料用チップ製造実演)、一の橋バイオビレッジ(地域熱供給施設、特用林産物栽培研究所)で見学案内。フレペで体験工房・木子精(近藤正治代表)によるマイ箸づくり体験、五味温泉で入浴や夕食交流会を行った。市街地の「結いの森」に宿泊した。

 谷町長は「下川のファンになっていただけるよう、町の取り組み、ふるさと納税や特産品を発信したい。上川管内外、海のある近隣との広域連携にも期待している」と話す。

 参加者は「自然環境が良く、空気もきれい。子どもや知人にも紹介したい」「下川町にまた観光にきたい」「移住も検討したい」「特産品(トマトジュース・手延べうどんなど)や阿部養鶏場の卵を、帰ってからも継続して購入したい」と感想を語った。

関連記事

根室新聞

ベトナム人実習生 旧正月楽しむ 遠く離れた地で“幸せ”【根室】

 ベトナムの旧正月「テト」を祝う会が26日、市内で初めて開かれ、遠く離れて根室で暮らすベトナム人技能実習生たちが一堂に会し、母国の伝統的な新年行事を楽しんだ。民族衣装で正装した参加者もいて、華...

日高報知新聞

五輪選手に続け! 浦河で町民スケート教室【浦河】

 浦河町教委主催、浦河スケート協会主管の「町民スケート教室」が24日、浦河町緑町の町スケートリンクで始まった。26日まで。  今年は暖冬で雪不足の日が続いており、リンク整備が間に合うか心配された...

日高報知新聞

研究発表大会で授業改善の研さんを深める【浦河】

 日高教育研究所・教職員研修センター(久保田慎吾所長)の研究発表大会が22日、浦河町総合文化会館で開かれ、管内小中学校教職員や各町教育長ら教育関係者約60人が「主体的・対話的で深い学び」の視点を取...

苫小牧民報

「現状維持」「役割向上」が7割超 苫小牧市の公共交通アンケート中間報告

 苫小牧市は、昨年11月に行った公共交通に関する市民アンケートの中間報告をまとめた。住んでいる地域の公共交通に対する感想では、満足と不満の割合がほぼ拮抗(きっこう)した。自家用車を所有する人が将来...

苫小牧民報

花火や結婚式など華やか 千歳・支笏湖氷濤まつり

 「2020千歳・支笏湖氷濤まつり」(実行委員会主催)は25、26の両日、期間中最初の週末を迎えて千歳市支笏湖温泉の会場で、「氷濤ウエディング」などのイベントを繰り広げた。両日の夜は花火打ち上げ...