北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

クラウドファンディング立ち上げ町の応援歌をCDに【白老】

CD作成のためクラウドファンディングを立ち上げた手塚さん(動画のなかでカムイを演じているシーン)

 白老町地域おこし協力隊でミュージシャンの手塚日南人さん(24)が、町内社台でコミュニティカフェ・ミナパチセを営む田村直美さん(48)らとともにアイヌ語、日本語、手話を交えた音楽動画を作成、「奇跡的な出会いで生まれたコミュニティーソングをCDにして地域内外の人たちに届けたい」とクラウドファンディングを立ち上げた。

 手塚さんは「白老町の応援歌としていろんな人に興味を持っていただけたら、それだけでも、すごくこのプロジェクト自体の意味があると思う。資金だけでなくいろんな形で関わっていただければ幸いです」と話している。

 クラウドファンディングは8月30日に立ち上げ、9月30日まで資金を募る。9日午前現在、東京、札幌、町内などの42人から29万8237円が寄せられた。目標は100万円。資金はCD音源制作費、CDプレス代、絵はがき代、プロモーション映像制作費、ホームページ制作費、Tシャツ製作費などに充てられる。

 曲のタイトルは「ミナパチセ~みんなで笑う家」。作詞は田村さん、作曲と歌、ギター演奏は手塚さん。手塚さんがアイヌのオキクルカムイをイメージした役を演じるシーンでは「死、霊的な存在をあらわすため」にアイヌ民族衣装の前を不断とは反対に合わせて着用した。作詞の田村さんは「朝、昼、夜と何げなく流れていく日常の時間はたくさんのカムイに守られていること、たくさんの愛であふれていることを感じて気づいてほしいという祈りを込めた」という。ポロトの森、社台の海岸、社台生活館などが舞台。田村さんが手話で歌詞を伝える場面もある。CDではこのほかオリジナル曲1曲、コラボ曲4曲を収録する。

 資金提供者への「リターン」はサンクスレター、CD、コーヒーチケット、Tシャツ、プロモーションビデオ出演権、作曲チケットなど。「リターン」は提供額によって異なる。

 クラウドファンディングのUSLリンクは(https://camp-fire.jp/projects/view/190821

 クラウドファンディングは、不特定多数の人が通常インターネット経由で他の人々や組織に財源の提供や協力などを行うことを指す。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...