北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

環境科学館と図書館、建設工事がスタート【室蘭】

21年12月のオープンを目指していよいよ始まった環境科学館・図書館の建設工事

 室蘭市の新たな公共施設となる(仮称)環境科学館・図書館の建設工事が、SLの移転終了を受け、現在の青少年科学館と図書館裏手でスタートした。老朽化した両施設を合築し、環境学習機能も盛り込む。本体工事は2021年(令和3年)3月まで続き、引っ越しや展示整備などを経て、同年12月のオープンを目指す。

 施設は(1)環境学習と知的創造空間(2)多世代が集う交流拠点(3)広域連携と地域活性化―がコンセプト。科学館、図書館の課題だったバリアフリー対策を施しながら、連携した新しい事業展開も視野に入れている。

 箱形の2階建てと、卵形の平屋建てが組み合わさった独特の形状になる。敷地は約1万3千平方メートル。箱形部分が鉄筋コンクリート造り2階建て、卵形部分が鉄骨造り1階建て。延べ床面積は約4700平方メートルになる。

 市によると、現在の両施設を合わせた面積と同等で、生涯学習センターきらんより少し大きいという。総事業費は約34億円を見込んでいる。

 図書館は1階で、24万冊程度の所蔵が可能。自習できる個人ブースや多目的展示室などを整備する。卵形部分には開架・閲覧室、読み聞かせ室を配置し、利用しやすいよう回遊性を高めた配置に仕上げる。

 環境科学館は2階になり、実験室や展示室、金工・木工室などを整備する。展示室は環境、ものづくり、基礎原理などにゾーン分け。最新型のプラネタリウムは補聴支援システムも備える。

 「環境」というキーワードを施設特性にも反映させた。太陽光と風力を活用した発電システムや、地熱利用設備を空調に活用するなど、環境負荷を低減するシステムを導入する。

 本体工事の工期は21年3月までを計画。現在はのり面を保護する工事が行われている。今後はくい打ちや基礎工事を進め、11月から鉄筋・型枠工事に。来年夏ごろには大まかな形が見られる見通しだ。展示関係の工事は21年6月末まで。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...