北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

澤田 3度目全国V 小学ABC羽球【帯広】

攻めの姿勢を貫き、1ゲームも失わずに3度目の優勝を飾った帯広ジュニアの澤田修志(明星6年)

 バドミントンの第20回ダイハツ全国小学生ABC大会(日本バドミントン協会など主催)が8月12、13の両日、熊本県八代市の八代トヨオカ地建アリーナなどで行われ、男子Aグループ(5、6年)で澤田修志(帯広ジュニア、明星6年)が優勝した。澤田は2015年のC(1、2年)、17年のB(3、4年)に続き3度目の制覇。澤田は全試合で1ゲームも落とさない完全勝利で頂点に立った。女子は17年のCを制した奥田紗世(北栄JBC、北栄4年)がBの準々決勝で敗れ4強入りはならなかった。

 澤田はラリーで常に先手を取りにいく攻撃的スタイルで勝ち切り、全国の舞台で進化した姿を見せた。

 予選リーグの初戦で、2年前のB3位の難敵と対戦。初戦の緊張もあり、第1ゲームはミスも多く出て一進一退の展開に。19-19から突き放してこのゲームを奪うと、その後は危なげなく頂点まで駆け上がった。

もう一度冷静に

 苦しんだのは決勝の第1ゲームだけ。20-13から、6連続失点で1点差に詰め寄られた。「攻め急いだ。もう一度冷静になろうと心掛けた」と振り返った。最後はヘアピンでシャトルをネット際に落とし、相手が苦し紛れに上げたところをスマッシュでたたきこんだ。第2ゲームは9失点にとどめる完勝だった。4月から身長も4センチ伸びて155センチに。スマッシュに角度が付くようになった。

桃田のプレー観戦

 今年はAの各種目上位2選手に、8月下旬にスイスで行われた世界選手権観戦の“ご褒美”も。男子シングルスで優勝した桃田賢斗(NTT東日本)の群を抜く安定感に目を丸くした。

 女子ダブルスを制した芽室町出身の永原和可那(北都銀行-青森山田高、芽室中出)のプレーにも驚いた。ファイナルゲームの20-21から逆転しての優勝に、「自分だったらコースを狙うのが怖くて守りに入ってしまう。らしさを貫くすごさを感じた」と強い精神力に感心した。

 今後は全日本ジュニア選手権大会ジュニア新人の部、韓国ジュニアオープンなどに出場。12月には主将を務めるジュニア日本代表(U13)の合宿に参加してから全国小学生選手権大会に向かう。「今回と同じように、自分のペースで試合を運んで優勝したい」と気を引き締め、さらなる体力強化を誓っていた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...