北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

澤田 3度目全国V 小学ABC羽球【帯広】

攻めの姿勢を貫き、1ゲームも失わずに3度目の優勝を飾った帯広ジュニアの澤田修志(明星6年)

 バドミントンの第20回ダイハツ全国小学生ABC大会(日本バドミントン協会など主催)が8月12、13の両日、熊本県八代市の八代トヨオカ地建アリーナなどで行われ、男子Aグループ(5、6年)で澤田修志(帯広ジュニア、明星6年)が優勝した。澤田は2015年のC(1、2年)、17年のB(3、4年)に続き3度目の制覇。澤田は全試合で1ゲームも落とさない完全勝利で頂点に立った。女子は17年のCを制した奥田紗世(北栄JBC、北栄4年)がBの準々決勝で敗れ4強入りはならなかった。

 澤田はラリーで常に先手を取りにいく攻撃的スタイルで勝ち切り、全国の舞台で進化した姿を見せた。

 予選リーグの初戦で、2年前のB3位の難敵と対戦。初戦の緊張もあり、第1ゲームはミスも多く出て一進一退の展開に。19-19から突き放してこのゲームを奪うと、その後は危なげなく頂点まで駆け上がった。

もう一度冷静に

 苦しんだのは決勝の第1ゲームだけ。20-13から、6連続失点で1点差に詰め寄られた。「攻め急いだ。もう一度冷静になろうと心掛けた」と振り返った。最後はヘアピンでシャトルをネット際に落とし、相手が苦し紛れに上げたところをスマッシュでたたきこんだ。第2ゲームは9失点にとどめる完勝だった。4月から身長も4センチ伸びて155センチに。スマッシュに角度が付くようになった。

桃田のプレー観戦

 今年はAの各種目上位2選手に、8月下旬にスイスで行われた世界選手権観戦の“ご褒美”も。男子シングルスで優勝した桃田賢斗(NTT東日本)の群を抜く安定感に目を丸くした。

 女子ダブルスを制した芽室町出身の永原和可那(北都銀行-青森山田高、芽室中出)のプレーにも驚いた。ファイナルゲームの20-21から逆転しての優勝に、「自分だったらコースを狙うのが怖くて守りに入ってしまう。らしさを貫くすごさを感じた」と強い精神力に感心した。

 今後は全日本ジュニア選手権大会ジュニア新人の部、韓国ジュニアオープンなどに出場。12月には主将を務めるジュニア日本代表(U13)の合宿に参加してから全国小学生選手権大会に向かう。「今回と同じように、自分のペースで試合を運んで優勝したい」と気を引き締め、さらなる体力強化を誓っていた。

関連記事

苫小牧民報

ホッキ貝漁獲量19年連続日本一 9年ぶり800トン台に回復-苫小牧

 苫小牧市のホッキ貝漁獲量が19年連続で日本一を達成した。市がまとめた2018年の主要市町村別データに基づく統計。年間漁獲量は816トン(前年比65トン増)で4年連続の増加。9年ぶりに800トン...

苫小牧民報

新千歳空港、新型肺炎に警戒 24~30日の春節休日控え

 中国湖北省の武漢市で発生し、感染の広がりを見せる新型コロナウイルスによるとみられる肺炎。国内での感染も報告され、新千歳空港にある小樽検疫所の支所も警戒に当たっている。新千歳と武漢を結ぶ直行路線...

苫小牧民報

マスクや小物ずらり 札幌の覆面職人熊谷さん、苫小牧で個展

 札幌市南区のプロレスラー向け覆面職人熊谷大介さん(46)による苫小牧市内初の個展が30日まで、飲食店「たなかのぴざや」(山手町2)展示室で開かれている。カラフルな模様の覆面や覆面プロレスをモチ...

十勝毎日新聞

人口、21年にも釧路を逆転 減少ペースに差【帯広】

 住民基本台帳に基づく2019年(12月末)の人口統計によると、道内5位の釧路市が16万8086人に対し同6位の帯広市は16万6043人で、その差が2043人にまで縮まっていることが分かった。両市...

十勝毎日新聞

ジュエリーアイス テーマソング完成【豊頃】

 豊頃町の大津海岸に打ち上がる氷塊「ジュエリーアイス」をテーマにした歌が完成した。タイトルは「Jewelry Ice Love」。ジュエリーアイスの名付け親で写真愛好家の浦島久さん(帯広)が全文英...