北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

病害回避へ イモ新品種 30年に全転換 カルビーポテト【十勝】

 カルビーの原料調達を担うカルビーポテト(帯広市、中村一浩社長)は、重要病害ジャガイモシストセンチュウの抵抗性品種の普及を進めている。現在の使用量は全体の25%だが、同社が開発した新品種「ぽろしり」などに、2030年には全量を切り替える予定。「ジャガイモ産業を守る」試みとして注目されている。

カルビーポテトが開発したセンチュウ抵抗性の新品種「ぽろしり」

 同社は昨年、全国の契約農家1800戸から27.2万トンのジャガイモを調達。うち道内産は8割近くで、十勝は全国の4割以上を占める最大産地。受け入れたジャガイモはポテトチップスなどに加工されている。

 シストセンチュウは、人体への影響はないがジャガイモに寄生すると養分を吸い収量を減らす。卵は低温や乾燥に強く10年以上生存し、薬剤防除も困難。一度侵入すると根絶が難しいとされている。

 同社が調達するジャガイモは現在、病害に対する抵抗性のない「トヨシロ」「スノーデン」が全体の75%を占める。この病害リスクを抱えることから、10年余りで全量を抵抗性品種に切り替えることにした。

 新品種の一つが同社の馬鈴薯(ばれいしょ)研究所(芽室町)が開発した「ぽろしり」。シストセンチュウ以外の病害にも強く、トヨシロより収量が多いのが特長で、「ポテトチップス」「じゃがりこ」といったカルビーの主力商品に適している。他にも既存の抵抗性品種や長期貯蔵が可能な新品種も検討する。

 カルビーは現在、一部輸入を含む原料ジャガイモを100%国産にする方針で、契約農家の生産環境に合わせた新品種の提案や技術指導を進める構え。同社は「シストセンチュウは将来的に北海道のジャガイモ栽培の大きなリスクになる。ぽろしり以外にも優良品種の開発を進める」としている。

 道内ではでんぷん原料用のジャガイモも抵抗性品種への切り替えが進められている。北海道澱粉協会(札幌市)によると、抵抗性品種の割合は今年産の4割から3年後には100%にする計画。

<ジャガイモシストセンチュウ>
 ジャガイモの根に寄生する害虫で大幅な収量低下をもたらす。薬剤による防除は難しい。卵を包む殻(シスト)を作り、土壌中で10年以上も生存でき、輪作でも生息数を減少させられない。抵抗性品種はシストから生まれたセンチュウが栄養を吸収できず生き残れないため、密度を低下させることができる。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...