北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

平均84歳「元気な歌声を」 コーロアミーチ30周年【帯広】

 高齢者女声合唱団「帯広シルバーコーロアミーチ」(窪田久美子代表、団員32人)が創立30周年を迎え、28日、帯広市内のとかちプラザ・レインボーホールで記念演奏会を開く。団の歩みとともに団員たちも年を重ね、現在の平均年齢は84.5歳。高齢化や団員減などから、5年ごとに開いてきた演奏会は今回が最後との声も聞かれる中、「変わらぬ元気な歌声を」と練習を重ねている。

山内さん(左手前)の指導で合同練習に励むコーロアミーチとあかねぐもの会のメンバー

 同合唱団は1989年2月4日、当時、帯広盲学校教諭だった山内欣子さんを指揮・指導者に迎え、高齢者の生きがいづくりと社会参加を目的に発足。市老人クラブ連合会の女性理事が中心となり、60歳以上の114人で始動した。団の名称はイタリア語のコーロ(合唱団)とアミーチ(友達)から付けた。

 「帯広を歌声で明るく」と合唱祭やチャリティーショーへの出演、施設慰問などにも取り組み、今も山内さんの指導の下、週1回の練習を続けている。30年間に在籍した延べ団員数は350人。現団員は70代から90代までで、いずれも最高齢94歳の稲垣キヌさん、曽根芳子さんら創立時からのメンバーも4人いる。

 演奏会は89年と91年に続き、10周年からは5年ごとの節目に開いて7回目。今回は「花 はなのうた」と題し、団員29人が約20曲を披露する。この中には「最後のステージになるかもと希望を募り、手を挙げてもらった」(山内さん)という少人数での発表も10組あり、ソロや二重唱などで歌声を響かせる。

 エンディングでは山内さんが代表を務める「あかねぐもの会」も賛助出演で加わり、総勢55人ほどで団の思い出の曲「しおさいの詩」などを歌う。

 自身もこの16日で80歳になる山内さんは「年を経てなお、夢に向かって進もうとする人生の諸先輩。その思いを大切に、少しでも幸せや喜びにつながればと歩いてきた」と30年を振り返る。団の活動は今後も続くが、「発表方法を考えなければならない時期に来ている。違う形での活動を皆さんと考えたい」という。

 窪田代表は「二度とない人生だから、励まし合い、見つめ合って練習に励んでいる。最後の舞台かもしれないが、一生懸命歌いたい」と話している。

 午後1時半開演。入場料800円。チケットは藤丸7階の勝毎サロンで扱っている。問い合わせは副代表の豊巻政枝さん(0155・25・9812)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...