北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

根室新聞

ビザなし教育関係者と青少年 国後島で相互理解深める【根室】

住民交流会でバルーンアートを楽しむ日ロの子どもたち=9日、北方領土問題対策協会提供

 北方四島ビザなし交流で今年度日本側から第8陣となる教育関係者・青少年主体の訪問団(佐藤敏数団長)は10日、訪問先の国後島での交流プログラムを終え、四島交流専用船「えとぴりか」(1124トン)で根室港に戻った。

 独立行政法人北方領土問題対策協会が実施主体となり、7日に根室港を出発した一行は8、9日の2日間にわたって島内の視察や住民交流会で島在住ロシア人と相互理解を深めた。

 東京都羽村市立羽村第三中校長の佐藤団長をはじめとする教員と中・高生が主体で、国後島の幼稚園や学校見学のほか、国後島代表のナターリヤ・サボーチキナ南クリル地区副地区長との意見交換も。9日には「茶話会」を開いて双方の教育について話し合った。

 帰港後、訪問団代表が千島会館で開いた記者会見で佐藤団長(54)は、自身も社会科教諭として領土問題を教える立場だったことを踏まえ「多くの教員と児童生徒が四島に渡り、当事者意識を高めることが重要」と、ビザなし交流参加の促進を訴えた。別海町立上風連中教諭の伊藤大輔副団長(41)は、「島での体験を全国の先生方と情報共有し、管内の教員として使命を果たしたい」と決意を新たにしていた。

 大阪府の中学2年生、後藤里桜さん(14)は、「若者が北方領土を身近に感じられるよう、SNSで発信していきたい」、元島民2世で語り部の鈴木日出男さん(67)は、「元島民が最後の力を振り絞って返還運動しているところを間近で見ている2世として、後継者へ気持ちを伝えられたと思う」とそれぞれ感想を述べた。

 このほか訪問団には、国政復帰後初のビザなし交流参加となった新党大地代表の鈴木宗男参議(71)=日本維新の会=をはじめ、國場幸之助衆議(46)ら4人の国会議員が参加。それぞれが島のロシア化に対する危機感をあらわにし、さらなる世論喚起で平和条約締結へ向けた外交交渉の後押しを訴えた。

 鈴木参議は昨年7月以来1年2カ月ぶりに国後島を訪れた感想として「島の様子に特別変わったことはなかったが、新築住居などが増え、暮らしに不自由している感じはなかった」と振り返ったほか、7月の参院選の結果やロシア情勢を踏まえて「安倍、プーチン両首脳の強いリーダーシップの上で平和条約交渉はさらに進むと確信している。11月にリマで行われるAPECが大きな意味を持つ」と、領土問題の進展に期待を込めた。

関連記事

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちと...

十勝毎日新聞

64のアートカード完成 道立美術館収蔵作品で「遊んでみて」【帯広】

 道内の道立美術館6館が収蔵する作品をカードにした学習教材「アートカード」が完成した。帯広美術館が収蔵する作品10枚を含む全64枚で、美術鑑賞に興味を持つきっかけづくりとしての活用が期待される...

十勝毎日新聞

ミニ四駆 笑顔も疾走 例年上回る総来場に ホコテン最終日【帯広】

 帯広市中心街で6月23日の開幕から週末のにぎわいをつくってきた「帯広まちなか歩行者天国」(オビヒロホコテン、実行委主催)が15日、今シーズンの最終日を迎えた。締めくくりはミニ四駆グランプリや...

函館新聞

催し多彩、笑顔の50年 梁川交通公園で記念感謝祭【函館】

 函館市と函館中央交通安全協会(片岡格会長)は14日、梁川交通公園開園50周年記念感謝祭を同公園で開いた。多くの親子連れがパトカーの試乗や足踏みゴーカートリレー、大人2人で乗車できるゴーカート無...

函館新聞

巨大プラレールに夢中 金森ホールでトレインフェス始まる【函館】

 鉄道玩具「プラレール」(発売元・タカラトミー)の展示やシミュレーターによる電車の疑似運転が体験できる「カネモリトレインフェスティバル2」が14日、金森ホールで始まった。鉄道ファンでなくても楽し...