北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

繊維から服作りを―移住した富田さん、亜麻の会設立【豊浦】

糸車を使い糸と思いを紡ぐ作業を進める富田さん

今年8月にあった亜麻の収穫作業(提供写真)

 北海道では生産が盛んだった亜麻栽培。現在は化学繊維の普及で目にする機会が減った。豊浦町大岸で、亜麻の種をまき、栽培、加工する人たちがいる。「くらしのにわ 亜麻の会」。代表の富田美紀さん(47)は「自分が育てた繊維で(衣服などを)作ることは感慨深い」と作業に没頭している。

 富田さんは2014年(平成26年)に家族3人で大岸に移住。大岸での生活を機会に消費するだけの都会の生活から、自ら作物などを育てる生活に変えハーブなどを栽培。「服も作れるのでは」とふと思ったのがきっかけという。

 昨年近隣の主婦ら10人ほどで同会を設立した。町内で栽培をスタート。今年も約500平方メートルに、昨年の亜麻から採った種をじかまき。7月には紫色のかれんな花を咲かせ、8月上旬に収穫した。

 作業は茎の周りにある繊維を取り出す。根ごと収穫した亜麻は乾燥させ、種を取り水に浸す。そしてまた乾燥させハックリングと呼ばれる、くしのような道具ですいて繊維を取り出す。繊維は糸車で紡いで1本の糸にしていく。

 気の遠くなるような作業だが、仲間と同じ時間を共有しながら紡ぐ。富田さんは「いずれはワンピースを作りたい」とにっこり。月2回、町内で糸を作る作業をしており、会員以外の参加も可能。興味のある人の連絡を待っている。問い合わせは富田さん。メール(kurashinoniwa@gmail.com)

関連記事

根室新聞

言語条例制定受け 市職員向けに手話講座【根室】

 昨年12月に手話言語条例を制定した根室市は27日、一般職、管理職を対象にした手話言語講座を市役所で開いた。講座には石垣雅敏市長はじめ、総勢77人が受講。受講後に手話言語を理解していることを示...

根室新聞

バードランドフェス閉幕 冬の野鳥と絶景堪能【根室】

 根室の冬の野鳥を楽しむ「ねむろバードランドフェスティバル2020」(NBLF)が27日閉幕した。好天にも恵まれ、昨年並みの延べ1000人が参加し、風蓮湖の氷下待ち網漁に集まるオオワシやオジロ...

日高報知新聞

一般は『ロジック』が優勝 国際雪合戦日高地区予選大会

【新冠】第32回昭和新山国際雪合戦の「第15回日高地区予選大会」(実行委主催)が25日、町民スポーツセンターで行われ、一般の部はロジックが優勝、レディースの部はNAT38が6連覇を達成した。  大会...

日高報知新聞

まちづくり懇談会で地域住民と意見交換【新ひだか】

【新ひだか】大野克之町長や町幹部と地域住民による「まちづくり懇談会」が25日、静内末広町の末広生活センターで開かれ、地域が抱える課題などについて意見交換した。  町の施策を知ってもらい、住民か...

苫小牧民報

藤の花イメージした氷藤(ひょうとう)人気 アニメ「鬼滅の刃」影響-支笏湖氷..

 千歳市支笏湖温泉の千歳・支笏湖氷濤まつり(実行委員会主催)会場に、藤の花をイメージした約20個の「氷藤(ひょうとう)」がお目見えした。人気アニメの影響で、藤の花が注目されていることなどから試み...