北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

日高報知新聞

JR日高線で全員発言【浦河】

 JR日高線問題で地元の方針を1案に固める予定の24日の臨時町長会議を前に、12日の浦河町議会定例会閉会後、議会の全員協議会が開かれ、全議員がJR日高線関連で発言した。池田拓町長は24日の町長会議でも従来通り運休区間(鵡川―様似区間116㌔)の全線復活を求める考えを述べ、会議では全線バス転換5町、一部鉄路復活(鵡川―日高門別間)残りバス転換1町、全線鉄路復活1町の構図になるという予想を示した。

 24日の町長会議では、運休区間の3択(全線バス転換、同鉄路復活など)を地元の方針として1つに絞る予定。これに向け、各町長と議会で調整をはかり、町としての方針を決めるよう求めており、議会決議や町長の方針への同意といった形で、多くは全線バス転換の方針を固めている。

 浦河町の場合、全員協議会は決議する場ではなく、JR問題についても議会が決議するのはおかしいという雰囲気。このため、12日の全員協議会では、「4年半以上の時間が経過し、もう地元の方針を決める段階」という発言が多かったものの、全線復活を求める声や町長の方針にゆだねるという発言もあり、「絶対に全線バス転換すべき」という発言はなかった。

 管内他町ではすでにかなり前に消えているが、浦河町役場正面には現在も「JR日高線・早期全線復旧を」の懸垂幕がかかり、鉄道の復活を強く訴えている。

全線復旧を訴える浦河町の懸垂幕

関連記事

室蘭民報

お手ごろ感味わって、うずら園がイオン専用サイズ出荷【室蘭】

「うずらのプリン」「燻たま」  室蘭うずら園(石川町、三浦忠雄社長)は5月から、イオン北海道向け専用サイズの「室蘭うずらのプリン」と「燻(くん)たま」の出荷を新たに開始した。既存商品をサイズダウ...

室蘭民報

10.7%減の64万5千人、町が昨年度宿泊客まとめ【洞爺湖】

入国制限など響く  洞爺湖町がまとめた2019年度の宿泊客は、64万5465人と、前年度より10・7%減少した。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大で、入国制限や外出自粛で2、3月の客足が止まった...

室蘭民報

学修支援金一律5万円、工学院が全学生に給付【登別】

 新型コロナウイルス感染症で学生への影響が懸念される中、日本工学院北海道専門学校(福井誠校長)は学修支援金として全学生に一律5万円を給付する。オンライン授業に備えたインターネット環境の充実や、生活...

室蘭民報

小笠原氏が後援会の要請受け4選出馬へ【登別】

 登別市の小笠原春一市長(53)は4日までに、今夏の登別市長選に出馬する意向を固めた。後援会(上田俊朗会長)が同日、市内で出馬を要請した。要請書を受け取った小笠原市長は「真摯(しんし)に、重く受...

十勝毎日新聞

「十勝小唄」レコードもう1種類発見 53年盤以前に制作か【帯広】

 「十勝小唄」を収めたレコードのうち、初期のものとされる1932(昭和7)年盤と53(昭和28)年盤の間に、もう1種類あったことが判明した。発見した帯広の参納弘義さん(80)=昭和ナツカシ館館長=...

CATEGORY記事カテゴリー

MEDIA参加新聞社

ARCHIVE月別記事リスト

RANKINGアクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス