北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「ロケットパン」開発で連携 満寿屋と大樹高生【大樹】

 パン製造販売の満寿屋商店(帯広、杉山雅則社長)は町内の小・中学生、高校生と協力して「ロケットパン」の開発を進めている。13日には杉山社長が大樹高校(青木祐治校長、生徒142人)を訪れ、生徒たちとパンに入れる地場産具材の候補を試食した。来年2月ごろに商品化する予定で、売り上げの一部は、地元の宇宙ベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)に寄付する。

杉山社長(右)からロケットパンについて説明を受ける大樹高生。手前が試食用の大樹産食材

 ISTは5月に観測ロケット「MOMO(モモ)」3号機の宇宙への打ち上げに成功。満寿屋商店は3号機打ち上げ時にISTへパンを差し入れするなど支援しており、杉山社長が「ロケットに興味を持ってもらい、宇宙産業を盛り上げるようなパンを作りたい」と町や町教委に提案。地元の児童・生徒の協力を仰ぐことになった。

 この日は家庭科フードデザイン科目の3年生22人が参加。チーズやソーセージなどの地場産食材11種類をソフトフランスパンと一緒に試食、味などを熱心にメモに取っていた。パン生地に練り込む予定の牛乳やチーズの製造工程で発生するホエー(乳清)も試飲した。

 生徒からは「サケとばとチーズのみそ漬けの組み合わせがおいしい」などの意見があり、ある男子生徒(17)は「源ファームのベーコンが衝撃的においしかった。調理師を目指しているのでパン作りに関われることがうれしい」と笑顔を見せていた。

 今後は高校生が食材の組み合わせやコンセプトなどを考え、満寿屋商店が試作品を練り上げながら完成を目指す。小・中学生からはパッケージのイラストやデザインを募集している。

 モモの打ち上げの見学に訪れたりするなど、ロケットに関心が高い杉山社長は「大樹の食材はどれもおいしい。ISTの社員にもアドバイスをいただき、店頭販売のほか、ロケットの打ち上げ見学時にも食べてもらえるものにしたい」と話していた。

関連記事

室蘭民報

鬼も驚くうまさ、復活 三星登別若草店が金棒シュー販売【登別】

 和洋菓子製造・販売の三星(本社苫小牧市)の登別若草店(登別市若草町)が、同店開店当時の人気商品「鬼の金棒シュー」を復活販売している。登別ならではの鬼をイメージしたスイーツは土産品としてもぴった...

室蘭民報

“妖怪”食べてコロナ退散 森のケーキ屋おおきな木がクッキー製作【伊達】

大滝徳舜瞥学校に寄贈へ  新型コロナウイルス感染症の収束は依然として見えない。伊達市大滝区豊里町の「森のケーキ屋 おおきな木」(奈良なつ美代表)は、疫病を防ぐとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」を...

名寄新聞

レモン、マンゴー味の大福発売・夏季限定商品【名寄】

 株式会社もち米の里ふうれん特産館(堀江英一代表取締役)では、レモン味とマンゴー味のソフト大福を発売。1日から夏季限定で道の駅「もち米の里☆なよろ」、イオン名寄ショッピングセンター内の同社名寄店...

苫小牧民報

白老アイヌ協会土産用菓子販売「カムイ伝説」シリーズ化

 一般社団法人白老アイヌ協会(山丸和幸理事長)は、アイヌ文化発信拠点・民族共生象徴空間(ウポポイ)開業に向けて開発した土産用菓子の販売に乗り出し、観光客から人気を得ている。アイヌ文化をイメージし...

十勝毎日新聞

地ビールで乾杯 町内産の大麦と小豆で風味豊か【豊頃】

 豊頃町内産の大麦と小豆を原料にした2種類のクラフトビール(地ビール)を澄川麦酒醸造所(札幌市)が今月上旬に醸造し、地域の話題になっている。小笠原ファーム(町北栄)の大麦を使用した「GO OUT(...