北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

十勝毎日新聞

「十勝晴れ」味わう茶 タイ産花で青色表現【帯広】

 プロコム北海道(帯広)は、プライベートブランド(PB)の新商品として「十勝あおぞら茶」を発売した。近年話題の植物バタフライピーを配合し、お茶にすると見た目が青色となるユニークなフルーツティーで、「十勝晴れ」の青を表現した。発売直後から土産物として売れており、同社は「予想以上」と驚いている。

天然植物を使った鮮やかなブルーが特徴のバタフライピーのお茶をPRする石畑取締役(左)

 バタフライピーはタイ原産の花で、アントシアニンの一種の青色色素を含んでいるのが特徴。近年、配合したお茶が全国的に注目されている。

 新商品は乾燥パインやパパイヤ、ジンジャーなどを加え、フルーツティーに仕立てた。ノンカフェイン。担当する石畑智永取締役は「普通に飲んでもいいし、アイスのソーダ割りにしてもお薦め。レモン果汁を加えると紫色に変化する」とPRする。5パック入り1袋810円。

 同社では女性社員有志が昨年、女性の癒やしをコンセプトにPB「もちょこいの もちょこくないの。」シリーズを立ち上げ。これまでマグカップや手ぬぐいなどを販売している。

 新商品は十勝をイメージしたリラックスできる飲み物を作りたいと開発を進め、静岡の茶メーカーに製造を委託した。

 8月から売り出したところ2週間で600パックが完売し、1100パック追加製造した。放送中のNHK連続テレビ小説「なつぞら」ラベルもつけた。

 石畑さんは「なつぞら効果もあり、土産物として支持してもらっている」と話している。

 音更、中札内など6カ所の道の駅、帯広物産協会などで販売している。

 問い合わせは同社(0155・20・2656)へ。

関連記事

十勝毎日新聞

希少大豆の豆腐を帯農生徒が試食販売 フクハラで好評【帯広】

 帯広農業高校(二木浩志校長、生徒587人)が栽培した希少な「青雫大豆」を使った豆腐の試食販売会が19日、帯広市内のぴあざフクハラ西帯広店で催された。数量限定だったが、時間内に完売した。  ス...

室蘭民報

室蘭民報社主催のJIMOTO愛キャンペーンがラルズ各店舗で開催【室蘭】

 室蘭民報社主催の「JIMOTO愛キャンペーン」が室蘭、登別、伊達市内のラルズ各店舗で開催されている。同店舗でサッポロビール商品を購入すると、抽選で温泉宿泊利用券や人気特産品など豪華賞品が当たる...

十勝毎日新聞

「ゆで落花生」発売へ グランナッツ初の加工品【帯広】

 産学官金連携で十勝の落花生産地を目指す「十勝グランナッツLLC(合同会社)」(帯広、田中一郎代表)は、地場産原料を使った「レトルトゆで落花生」を商品開発した。初の自社加工品で、十勝産落花生のおい...

室蘭民報

食育レストランEスプーンで「思いやりランチ」2種類の提供始める【伊達】

地元食材たっぷり  だて歴史の杜食育センター(伊達市梅本町)の食育レストランEスプーンは、月替わり定食「思いやりランチ」2種類の提供を始めた。いずれも同レストランの栄養士が考案したメニューで、...

室蘭民報

町内産リンゴが原料のアップルワイン、今年は3割増しで12月販売開始【壮瞥】

 壮瞥町の農商工業者、観光関係者らで構成する「そうべつシードル造り実行委員会」(川南和彦委員長)は昨年に続き、町内産リンゴを原料にしたアップルワイン作りに取り掛かった。昨年は2月だった販売は、ワ...