北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

首都圏の中学・高校教諭、ウポポイ視察 修学旅行誘致へアピール-白老

アイヌ民族文化財団職員(右)から説明を受けながら、ポロト湖畔でウポポイ建設の様子を見学する教諭ら

 公益社団法人北海道観光振興機構(札幌)の修学旅行誘致事業で、首都圏の私立中学・高校の教諭ら14人が15日、白老町を訪れ、来年4月開業の民族共生象徴空間(ウポポイ)を視察した。

 同機構がウポポイを中心とした修学旅行ルートを紹介し、誘致につなげるため、15、16日の日程で東京や神奈川、埼玉など関東圏の私立中・高校の担当教諭らを招いた。

 初日に白老町に訪れた教諭らは町内のしらおい経済センターでアイヌ民族文化財団・博物館運営準備室の立石信一学芸主査からウポポイの概要、白老のアイヌ文化観光の変遷などの説明を聞いた後、バスでポロト湖に移動。湖畔で建設が進むウポポイを眺めながら、同財団広報営業課の西條林哉課長から国立アイヌ民族博物館や体験交流ホール、体験学習館、エントランス棟など各施設の概要説明を受けた。

 西條課長は「食べる、触れる、見るなどアイヌ文化を五感で体験できる施設。日本の最新映像技術を駆使した古式舞踊紹介のプログラムなどもある」と説明。さらに「道の2017年度調査によると、道内で暮らすアイヌ民族は5571世帯1万3118人とされている。道外や海外で生活する人を含めればもっと多いと思われるが、民族共生について考え、学ぶ施設として利用していただければ」とアピールした。

 視察会に参加した神奈川県藤沢市の湘南白百合学園中学・高校の荒木大介教諭は「キリスト教系の学校として少数民族について生徒に伝えることを大事にしており、ぜひ修学旅行先として実現したい」と話していた。

 一行はその後、室蘭市へ移動。16日は洞爺湖近くの有珠山や後志管内ニセコ町を見学した。

関連記事

函館新聞

漬け物石でカーリングゲーム 市民スケート場イベントデー【函館】

 函館市文化・スポーツ振興財団(佐々木茂理事長)主催の「イベントデー」が19日、函館市民スケート場で開かれた。漬け物石をストーンにみたてたカーリングゲームを行い、幼児から大人まで200人が楽しん...

函館新聞

雪のイベント楽しむ 四季の杜公園で「雪あかりパーク」【函館】

 雪遊びやものづくりなどを楽しめるイベント「雪あかりパーク」(函館市住宅都市施設公社主催)が19日、道立道南四季の杜公園で開かれた。  丘の家展望ラウンジではフラワーアレンジとハーバリウムな...

釧路新聞

景雲中日本一、14年ぶり3回目

 今大会には全国各地から16チームが参戦し、17日から3日間の日程で、トーナメント戦を行い、王座を争った。釧路景雲は、1年生2人、2年生5人、3年生10人の17人全員がベンチに入るという少数精鋭...

十勝毎日新聞

ラテアートにトークショー 藤丸「ミルク&チーズフェア」【帯広】

 帯広市内の藤丸で21日まで開催中の「ミルク&ナチュラルチーズフェア」に、ラテアートの世界大会で優勝したことのある大磯悟さんのコーヒー店「スタンダードコーヒーラボ」(札幌)が出店している。 世界...

十勝毎日新聞

特定健診受診3年連続十勝一 全道は3位【陸別】

 陸別町の2018年度の特定健診受診率が71.3%と過去最高を記録し、全道の自治体で3位、十勝では3年連続で1位となった。野尻秀隆町長は「町民の健康増進のため、保健福祉センターや町民課、国保診療所...