北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

首都圏の中学・高校教諭、ウポポイ視察 修学旅行誘致へアピール-白老

アイヌ民族文化財団職員(右)から説明を受けながら、ポロト湖畔でウポポイ建設の様子を見学する教諭ら

 公益社団法人北海道観光振興機構(札幌)の修学旅行誘致事業で、首都圏の私立中学・高校の教諭ら14人が15日、白老町を訪れ、来年4月開業の民族共生象徴空間(ウポポイ)を視察した。

 同機構がウポポイを中心とした修学旅行ルートを紹介し、誘致につなげるため、15、16日の日程で東京や神奈川、埼玉など関東圏の私立中・高校の担当教諭らを招いた。

 初日に白老町に訪れた教諭らは町内のしらおい経済センターでアイヌ民族文化財団・博物館運営準備室の立石信一学芸主査からウポポイの概要、白老のアイヌ文化観光の変遷などの説明を聞いた後、バスでポロト湖に移動。湖畔で建設が進むウポポイを眺めながら、同財団広報営業課の西條林哉課長から国立アイヌ民族博物館や体験交流ホール、体験学習館、エントランス棟など各施設の概要説明を受けた。

 西條課長は「食べる、触れる、見るなどアイヌ文化を五感で体験できる施設。日本の最新映像技術を駆使した古式舞踊紹介のプログラムなどもある」と説明。さらに「道の2017年度調査によると、道内で暮らすアイヌ民族は5571世帯1万3118人とされている。道外や海外で生活する人を含めればもっと多いと思われるが、民族共生について考え、学ぶ施設として利用していただければ」とアピールした。

 視察会に参加した神奈川県藤沢市の湘南白百合学園中学・高校の荒木大介教諭は「キリスト教系の学校として少数民族について生徒に伝えることを大事にしており、ぜひ修学旅行先として実現したい」と話していた。

 一行はその後、室蘭市へ移動。16日は洞爺湖近くの有珠山や後志管内ニセコ町を見学した。

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...