北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

しらおいチェプ祭でサケ料理、古式舞踊など楽しむ【白老】

アイヌ古式舞踊を披露する札幌ウポポ保存会

炭火でじっくり焼かれ、食欲をそそる香りを漂わせたチマチェプ

 サケの恵みに感謝する第31回しらおいチェプ祭(同実行委主催)が15日、白老港汐音ひろばで開かれ、アイヌ民族の伝統料理として知られるチマチェプ(焼きサケ)やチェプオハウ(サケ汁)などを買い求める人たちの行列ができた。

 開催式で山丸和幸実行委員長が「幸いなことに300本以上のサケを得ることができ、無事このような盛大な祭りを行うことができました。われわれ白老アイヌ協会としても近い将来、何とかこの祭りを2日間やれるような状況をつくりたい」とあいさつした。来賓の戸田安彦町長、神戸典臣道議が祝辞を寄せた。

 チマチェプは串を通したサケが炭火でじっくりと焼かれた。各テーブルでは秋の味覚を味わう人たちの姿が見られた。特設ステージでは札幌ウポポ保存会によるアイヌ古式舞踊、サケが当たる宝引きゲーム、ひょっとこ踊り、もちまき大会などが行われた。

 アイヌ文化体験コーナーでは、伝統楽器のムックリ製作やアイヌ文様刺しゅうに取り組む子どもたちの姿が見られた。

 アイヌ民族の英雄シャクシャインが350年前、松前藩と戦った経路をたどる「シャクシャインロード」の引き継ぎ式が行われ、出発地点となった長万部町の木幡正志町長らが顔を見せた。

関連記事

十勝毎日新聞

蜷川実花展 あふれる色 世界観に圧倒【帯広】

 道立帯広美術館で19日に開幕した写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」。会場には初日から多くの市民やファンが訪れ、蜷川さんの、色彩豊かで独特の世界観に浸っている。  同展は六つの章立てで構成...

十勝毎日新聞

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会【帯広】

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

十勝毎日新聞

360度「桜」…迫力の展示徐々に 開幕へ準備本格化【帯広】

 写真家の枠を超え、映画やデザインなど幅広い分野で活躍する蜷川実花(にながわ・みか)さんの写真展「蜷川実花展-虚構と現実の間に-」(同展帯広実行委員会など主催)は19日の開幕が迫り、会場となる...

室蘭民報

活センで「仲間展」始まる 感性光る8人の写真【室蘭】

 1966年(昭和41年)の設立後、活動歴が半世紀を超える写真愛好家グループ・フォトグループ室蘭の作品を集めた「仲間展」が14日、室蘭市中島町の生涯学習センターきらん2階にある市民活動センターで...

十勝毎日新聞

蹴散らせコロナ 10月10日「大食い王」【幕別】

 目指せ、大食い王-。新型コロナウイルス禍でイベント中止が相次ぐ中、NPO幕別札内スポーツクラブと幕別清陵高校生徒会が、幕別町産のナガイモを使ったお好み焼きによる「大食い王決定戦」を企画した。...