北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新旧みこし一堂に 厚真神社、2年ぶり秋季例大祭

元気いっぱいにみこしを引く子どもたち

 昨年9月6日に発生した胆振東部地震で社殿が損壊するなど大きな被害を受けた厚真神社が15、16の両日、昨年中止になった秋季例大祭を2年ぶりに開催した。16日の本大祭では小学生や神社関係者らによる「みこし渡御」が行われ、同神社にまつられて101年を迎え今回で引退となる従来のみこしと、金箔(きんぱく)が張られた真新しいみこしがそろって町に繰り出し、町民にお披露目された。

 毎年9月15、16日に開かれ、今年で114回目を迎えた秋季例大祭。昨年は直前に震度7を観測した地震で直径約50センチの柱が真っ二つに折れ、高さ6メートルの大鳥居が倒壊するなど被害を受け、例大祭自体が中止に。全壊した社殿は再建に時間がかかるため、今回はみこし渡御と参拝のみとなった。

 二つのみこしは16日午後0時30分ごろ、同神社を出発し、およそ6時間にわたって町内を回った。夕方からは町内の小学生や神社関係者ら100人を超える町民が加わり、ねじり鉢巻きを巻いたはっぴ姿の子どもたちが「ワッショイ!」と元気いっぱいの声を町中に響かせ、みこしを引っ張った。

 古くからある従来のみこしは1918(大正7年)年に札幌神社から移り、昨年で100年が経過。町の有形文化財にも指定されていることから、今回の渡御を最後に神社で保管される。一方、新しいみこしは昨年の例大祭で代替わりとして初めてお披露目される予定だったが、地震で中止となったため、今回がデビューとなった。黒沢寿紀宮司は「社殿の修理も終わっていない中だったが、みこしも出ないのは寂しいと思い、開催した。二つのみこしが並ぶのは今年が最初で最後」と感慨深げに話していた。

町総合福祉センター前で行われた神事

関連記事

十勝毎日新聞

盆踊り会場はわが家 太鼓演奏と歌を生配信【上士幌】

 自宅で生演奏で盆踊りを楽しんで-。上士幌町の和太鼓グループ「ナイタイ高原太鼓 響(きょう)」(吉田ちはる代表、会員19人)は16日、動画共有サイト・ユーチューブで盆踊りの太鼓演奏と民舞会の歌を配...

十勝毎日新聞

「LAND」開設1周年 ビジネススクール公開収録【帯広】

 とかち財団(長澤秀行理事長)が運営する事業創発拠点「LAND(ランド)」(帯広市西2南11、天光堂ビル1階)の1周年記念事業が7、8の両日、同施設で行われた。一般開放してセミナーや物品販売を実施...

十勝毎日新聞

空襲体験者「担架の血の色 克明に」 語り部の会【帯広】

 1945(昭和20)年7月15日、米軍の空襲で1歳から17歳までの5人が犠牲になった「帯広空襲」から75年。帯広市・核兵器廃絶平和都市宣言推進実行委員会は8日、市図書館で語り部の会「『内壁に刺...

函館新聞

晴れ間に「日暈」現象 函館市内で見られる【函館】

 8日の渡島・桧山地方は気圧の谷ながら高気圧に覆われて晴れ間がある時間もあり、函館市内の上空では太陽の周りに輪ができる「日暈(ひがさ)」が現れ、薄い雲の空に輪がくっきりと浮かんだ。  日暈現...

函館新聞

Nゲージ走る テーオーで「夏休みちびっこ鉄道フェア」【函館】

 テーオーデパート(函館市梁川町)1階で8日、鉄道模型・Nゲージの走行会やクイズラリーなどが楽しめる「夏休みちびっこ鉄道フェア」が始まった。9日まで。  同デパートとJR北海道函館支社、道南...