北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

新旧みこし一堂に 厚真神社、2年ぶり秋季例大祭

元気いっぱいにみこしを引く子どもたち

 昨年9月6日に発生した胆振東部地震で社殿が損壊するなど大きな被害を受けた厚真神社が15、16の両日、昨年中止になった秋季例大祭を2年ぶりに開催した。16日の本大祭では小学生や神社関係者らによる「みこし渡御」が行われ、同神社にまつられて101年を迎え今回で引退となる従来のみこしと、金箔(きんぱく)が張られた真新しいみこしがそろって町に繰り出し、町民にお披露目された。

 毎年9月15、16日に開かれ、今年で114回目を迎えた秋季例大祭。昨年は直前に震度7を観測した地震で直径約50センチの柱が真っ二つに折れ、高さ6メートルの大鳥居が倒壊するなど被害を受け、例大祭自体が中止に。全壊した社殿は再建に時間がかかるため、今回はみこし渡御と参拝のみとなった。

 二つのみこしは16日午後0時30分ごろ、同神社を出発し、およそ6時間にわたって町内を回った。夕方からは町内の小学生や神社関係者ら100人を超える町民が加わり、ねじり鉢巻きを巻いたはっぴ姿の子どもたちが「ワッショイ!」と元気いっぱいの声を町中に響かせ、みこしを引っ張った。

 古くからある従来のみこしは1918(大正7年)年に札幌神社から移り、昨年で100年が経過。町の有形文化財にも指定されていることから、今回の渡御を最後に神社で保管される。一方、新しいみこしは昨年の例大祭で代替わりとして初めてお披露目される予定だったが、地震で中止となったため、今回がデビューとなった。黒沢寿紀宮司は「社殿の修理も終わっていない中だったが、みこしも出ないのは寂しいと思い、開催した。二つのみこしが並ぶのは今年が最初で最後」と感慨深げに話していた。

町総合福祉センター前で行われた神事

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...