北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

苫小牧民報

秋サケ漁 回復傾向に 胆振太平洋海域─今後に期待

今後の漁獲量回復に期待が集まる秋サケ漁=19日午前4時半ごろ、苫小牧漁港

 今月1日から始まった胆振太平洋海域(室蘭―むかわ)の秋サケ定置網漁の漁獲量が上向き始めた。苫小牧漁協は解禁直後、日量1トン未満で推移していたが、14日から回復し、10トン近くを水揚げする日もある。道立総合研究機構さけます・内水面水産試験場(恵庭市)は今シーズンの同海域の資源予測を平年の約3割増としており、各漁業関係者も今後の豊漁に期待を寄せている。

 胆振海区漁業調整委員会によると、10日までの胆振管内5漁協(鵡川、苫小牧、いぶり中央、室蘭、いぶり噴火湾)の漁獲量は前年同期比47・0%減の23・7トン。漁協別に見ると、苫小牧3・1トン、いぶり中央8・8トン、室蘭1・1トン、いぶり噴火湾6・0トン、鵡川4・8トンで一部を除き低調だった。ただ、14日ごろから「同海域の沿岸水温が下がり始めた」(同試験場)ことでサケが来遊しやすい環境になってきたという。

 苫小牧漁協では14日に7・8トンを水揚げして以来、15日9・9トン、16日7・2トン、17日5・7トンと回復基調にある。漁業関係者は「全体の漁獲実績は昨年より少ないが、これからが本番。今年はサイズも良いので今後に期待したい」と話している。

関連記事

室蘭民報

市子ども会かるた大会、胆振大会の出場懸け白熱戦【登別】

 第37回登別市子ども会かるた大会(登別市子ども会育成連絡協議会主催)が19日、市内富士町の市民会館で開かれ、小中学生たちが胆振大会への挑戦権を懸けて、下の句かるたで熱戦を繰り広げた。  百人...

室蘭民報

全道フットサル・U-12地区予選で大沢V、最後の全道へ【室蘭】

 全道フットサル選手権大会U-12室蘭地区予選決勝トーナメントは19日、登別市総合体育館で決勝、準決勝が行われ、室蘭大沢FCが優勝した。  決勝は大沢と北海道コンサドーレ室蘭が対戦。大沢は前半...

室蘭民報

昭和新山国際雪合戦予選会で本大会想定し熱戦【壮瞥】

 第13回胆振地区雪合戦選手権大会と第7回ジュニアチャンピオンシップin胆振(道雪合戦連盟胆振支部、昭和新山国際雪合戦実行委員会主催)が19日、壮瞥町の昭和新山特設会場で開かれ、2月22日開幕の...

室蘭民報

宮の森の市体育館存続を…市民有志らがきょうから署名活動【室蘭】

 2022年(令和4年)に予定している室蘭市体育館(宮の森町)の入江運動公園(入江町)への新築移転に伴い、蘭東地区の体育施設の不足を不安視する有志市民らがきょう20日、宮の森町での市体育館の存続...

室蘭民報

きらん4施設で想定を大きく超える昨年来館21万7000人【室蘭】

 室蘭市生涯学習センター・きらんを構成する4施設の2019年の来館者は計21万7021人となり、想定より多い入り込みとなった。18年12月のオープンから順調な客足を維持しており、市担当者は「きらん...