北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊藤まゆみバレエ研究所が40周年、23日に記念公演

「バヤデルカ」公演で主役を務める新井日菜さん、ワディム・ソロマハさん、山木優希さん(写真右から)

 室蘭市中島町の伊藤まゆみバレエ研究所(伊藤まゆみ代表)の創立40周年記念公演「バヤデルカ(全3幕)」が23日午後2時から、幸町の室ガス文化センターで開かれる。生徒たちは本番成功に向けて熱のこもった稽古を続けている。伊藤代表は「生徒たちはそれぞれ、コンクールの出場がありながらも懸命に稽古を頑張ってくれた。いいステージにしたい」と意気込んでいる。

 市教育委員会、室蘭文化連盟など後援。同研究所は1979年(昭和54年)に開設。道内の多くのコンクールで入賞者を輩出。現在は4歳から高校生まで56人の生徒が通う。

 「バヤデルカ」は古代インドを舞台にした物語。2014年(平成26年)以来、2回目の公演。生徒のほか、日本在住で国内外で活躍するワディム・ソロマハさん、かつて伊藤代表に師事していた篠崎太郎さん、名古屋市の越智インターナショナルバレエ、苫小牧市の向井バレエシアターなどからバレエダンサーが出演する。室蘭出身で同所の元生徒であるピアニストの杉本哲也さん、バイオリニストの對馬佳祐さんも出演。物語が始まる前に2人による演奏が繰り広げられ、劇中での演奏も予定している。

 物語に登場する寺院の舞姫ニキヤは新井日菜さん(海星学院高校3年)、戦士ソロルはワディムさん、国王ラジャの娘ガムザッティは山木優希さん(N高校3年)が演じる。本番を間近に控えた18日夜、ワディムさんが来蘭し、生徒たちは稽古を重ねている。

 新井さんと山木さんはそれぞれ、ワディムさんとパ・ド・ドゥ(男女2人で展開する踊り)を披露する。2人は「バレエのシーンだけではなく、演技もありコンクールとは違う緊張感がある。これまでの稽古の成果を発揮できるよう、本番までの残り少ない時間で最終調整したい」と話している。

 開場は午後1時半、チケットは全席自由で3千円で同研究所、同センターで販売中。問い合わせは同研究所、電話0143・44局6556番へ。

関連記事

室蘭民報

ニクスで令和生まれのペンギン3羽がパレードデビュー【登別】

 登別マリンパークニクス(登別東町)で令和生まれのジェンツーペンギンの子ども3羽が22日、人気アトラクションのペンギンパレードに初登場し、愛きょうのあるしぐさで来園者を楽しませた。  3羽は今...

室蘭民報

働く仲間と連携を、地域活性化フォーラム開催【室蘭】

 連合北海道主催の地域活性化フォーラムin日胆が22日、室蘭市輪西町の市民会館で開かれ、人口減少が進む地方で働きながら、持続可能な地域を目指した活性化への取り組み、連携の在り方を探った。  3...

室蘭民報

お薬フェア開催、お菓子を使って「調剤」体験【登別】

 北海道薬剤師会室蘭支部(上田薫支部長)主催の「お薬フェア2019in登別」が20日、中央町のショッピングセンター・アーニスで開かれ、訪れた市民は薬剤師の役割や薬の正しい使用法などを学んでいた。 ...

室蘭民報

とんてん館寺子屋教室で木製コースターや焼き芋作りなど体験学習【室蘭】

 室蘭市陣屋町の市民俗資料館で20日、とんてん館寺子屋教室があり、参加した子どもや大人たちは木製コースターや焼き芋作りを楽しんだ。  教室は年5、6回、季節に合わせた体験学習を実施している。今...

室蘭民報

「室西中サウンド」たっぷり、心に響く演奏で聴衆魅了【室蘭】

 室蘭西中学校吹奏楽部(築紫アサ部長、31人)の「第7回定期演奏会」が20日、室蘭市幸町の室ガス文化センターで開かれ、心に響く演奏の数々が聴衆を魅了した。  同部は今年8月の日胆地区吹奏楽コン...