北海道ニュースリンクは北海道の参加新聞社がニュース・イベントを配信するサイトです

室蘭民報

伊藤まゆみバレエ研究所が40周年、23日に記念公演

「バヤデルカ」公演で主役を務める新井日菜さん、ワディム・ソロマハさん、山木優希さん(写真右から)

 室蘭市中島町の伊藤まゆみバレエ研究所(伊藤まゆみ代表)の創立40周年記念公演「バヤデルカ(全3幕)」が23日午後2時から、幸町の室ガス文化センターで開かれる。生徒たちは本番成功に向けて熱のこもった稽古を続けている。伊藤代表は「生徒たちはそれぞれ、コンクールの出場がありながらも懸命に稽古を頑張ってくれた。いいステージにしたい」と意気込んでいる。

 市教育委員会、室蘭文化連盟など後援。同研究所は1979年(昭和54年)に開設。道内の多くのコンクールで入賞者を輩出。現在は4歳から高校生まで56人の生徒が通う。

 「バヤデルカ」は古代インドを舞台にした物語。2014年(平成26年)以来、2回目の公演。生徒のほか、日本在住で国内外で活躍するワディム・ソロマハさん、かつて伊藤代表に師事していた篠崎太郎さん、名古屋市の越智インターナショナルバレエ、苫小牧市の向井バレエシアターなどからバレエダンサーが出演する。室蘭出身で同所の元生徒であるピアニストの杉本哲也さん、バイオリニストの對馬佳祐さんも出演。物語が始まる前に2人による演奏が繰り広げられ、劇中での演奏も予定している。

 物語に登場する寺院の舞姫ニキヤは新井日菜さん(海星学院高校3年)、戦士ソロルはワディムさん、国王ラジャの娘ガムザッティは山木優希さん(N高校3年)が演じる。本番を間近に控えた18日夜、ワディムさんが来蘭し、生徒たちは稽古を重ねている。

 新井さんと山木さんはそれぞれ、ワディムさんとパ・ド・ドゥ(男女2人で展開する踊り)を披露する。2人は「バレエのシーンだけではなく、演技もありコンクールとは違う緊張感がある。これまでの稽古の成果を発揮できるよう、本番までの残り少ない時間で最終調整したい」と話している。

 開場は午後1時半、チケットは全席自由で3千円で同研究所、同センターで販売中。問い合わせは同研究所、電話0143・44局6556番へ。

関連記事

室蘭民報

1日市制施行50周年 記念事業次々開催 ビースマイルCF開始【登別】

親子ドライブインシアター/市内の学校で鬼花火予定  登別市はきょう1日、市制施行50周年を迎える。予定していた式典や事業は、新型コロナウイルス感染症で延期や中止となったが、代替事業として未来の...

室蘭民報

需要減の道産花PR、胆振総合振興局 アレンジメント展始まる【室蘭】

 北海道産の花を使用したフラワーアレンジメントの展示会(主催・北海道花き振興協議会、道)が、胆振総合振興局1階ロビー(室蘭市海岸町、むろらん広域センタービル)で28日から始まった。新型コロナウイ...

室蘭民報

7月豪雨被災地、支援しよう あす31日、チャリティービール祭り【登別】

 登別中央飲食店組合、登別中央商店会主催の第5回チャリティービール祭りが30、31の両日、登別市中央町のらいば公園を会場に行われる。7月の豪雨で甚大な被害を受けた熊本県などを支援。新型コロナウイ...

室蘭民報

だんパラで9月にキャンプイベント 体験教室、飲食提供も【室蘭】

コロナ時代見据え初試み  室蘭のだんパラ公園(神代町)で今秋、キャンプと体験型コンテンツを楽しむ1泊2日のイベントが初開催される。市と市民有志による実行委主催、登山用品の秀岳荘(札幌)などが協力...

十勝毎日新聞

フードバレー「オンライン」マラソン 参加無料【帯広】

 新型コロナウイルスの影響で今年は中止となった「フードバレーとかちマラソン」の実行委員会(火ノ川好信実行委員長)は、代替大会となるスマートフォン(スマホ)アプリを活用したオンラインマラソンについ...